2018年06月30日 05時00分 公開
特集/連載

EMMやセキュリティ機能も充実iOS 12、Android P、BlackBerryの最新ビジネス向け機能、スマホ選びで注目すべきは?

モバイルデバイスのビジネス利用が進み、エンタープライズ向け機能も充実しつつある。最新モバイルOSやデバイスには、どのような機能が導入されるのか。Apple、Google、BlackBerryの最新動向と選定のポイントを紹介する。

[Matt Schulz,TechTarget]
iOS12 FaceTimeでは最大32人のビデオ通話が可能に

 モバイルデバイスが企業で広く使われるようになるにつれ、ベンダーによって力の入れ方は異なるものの、モバイルOSのエンタープライズ機能の拡充が進んでいる。モバイルデバイスメーカーにも、エンタープライズ向け製品に注力する動きがある。モバイルOSの二強であるAppleとGoogleに加え、エンタープライズ機能が充実したスマートフォンを提供するBlackBerryの取り組みを紹介する。

Apple

 Appleは同社の年次イベント「Worldwide Developer Conference 2018」で、次期モバイルOS「iOS 12」を発表した。iOS 12は依然としてエンタープライズ機能が手薄だ。しかしこのOSは、企業も重視するプライバシー機能を提供する。その1つが、ユーザー追跡、ライク(いいね)およびシェアボタン、特定のコメントウィジェットをブロックする機能だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...