2017年11月18日 05時00分 公開
特集/連載

盛り上がりを見せるハイエンドスマートフォン市場「Huawei Mate 10」「Mate 10 Pro」で分かったユーザーが“最強スマホ”に求めるスペック

Huaweiが発表した「Huawei Mate 10」と「Huawei Mate 10 Pro」は同社史上最も強力なデバイスだ。外観やカメラ、防水、AIとあらゆる機能を高水準で備えた本機を徹底レビューする。

[Dragan Petric,TechTarget]
画像 Huawei Mate 10《クリックで拡大》

 Huawei Mate 10(以下、Mate 10)には5.9型QHD(1440×2560ピクセル)IPSディスプレイが搭載される。このアスペクト比は16:9だ。これに対し、Huawei Mate 10 Pro(以下、Mate 10 Pro)にはアスペクト比18:9の6型AMOLEDディスプレイが搭載される、この解像度は1080×2160ピクセルと若干低くなっている。6型のMate 10 Proは5.9型のMate 10よりも「わずかに大きい」だけだが、そのアスペクト比により、実サイズよりも大きく見える。デバイスの寸法はほとんど変わらないが、Mate 10 Proの方が多少スリムになっている。

 Mate 10 Proは市場の最新動向を反映して、3.5ミリのオーディオジャックを装備していない。これはHuaweiでは初めてのことだ。Mate 10は3.5ミリのオーディオジャックを装備するため、有線のオーディオ機器を使っているユーザーはこちらのモデルの方がいいだろう。Mate 10 Proでは購入者の要望を受け、防水防塵(ぼうじん)機能を搭載してIP67認定を取得している。これはiPhone Xと同じだ。容量についてはMate 10はRAMが4GB、ストレージが64GBだが、Mate 10 ProはRAMが6GB、ストレージが128GBになっている。また、ボディーカラーのオプションも異なる。それ以外の点は両機種とも同じだ。「PORSCHE DESIGN HUAWEI Mate 10」はMate 10 Proのラグジュアリー版という位置付けで機能はほぼ同じだが、ボディーカラーが洗練されたブラックで、メモリストレージが256GBになっている点が異なる。

《クリックで拡大》

デバイスを特徴付けているデュアルカメラとチップセット

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...