2017年10月14日 05時00分 公開
特集/連載

「Siri」やコントロールセンターを強化iPhone Xだけではない 新旧iPhoneの利便性を向上させる「iOS 11」注目機能 (1/3)

Appleの「iOS 11」では「Siri」が強化された他、コントロールセンターの設計が見直されている。また「運転中の通知を停止」設定も追加された。本稿ではiOS 11の変更点を詳しく解説する。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

iOS | Apple | iPhone | iPad | Wi-Fi | Bluetooth | Dropbox


iOS 11のSiriによる翻訳 iOS 11のSiriによる翻訳《クリックで拡大》

 Appleの「iOS」は毎年アップデートされる。だがアップデートにはパターンがあり、ある年「iPad」向けの強化が大半を占めたら、翌年は「iPhone」向けが中心になる。iPhoneユーザーには残念だが、2017年のアップデートはiPadが重視される。とはいえ、新バージョンの「iOS 11」がiPhoneに無関係なわけではない。

 iOS 11ではAppleの「Siri」が強化され、コントロールセンターの設計が見直されている。また、通知センターとロック画面が融合されている。「運転中の通知を停止」設定も追加された。新しいAppleの「ファイル」アプリはユーザーがずっと前から求めていたものだ。一方、「メモ」アプリと「マップ」アプリには多くの機能が用意され、「App Store」と「Podcast」アプリもデザインが見直されている。また、「カメラ」アプリの機能も強化された。さらにフォントが目立つものに変わり、ボタンのデザインも見直され、iOS全体に多くの調整が加えられている。

 本稿ではこうした変更点を詳しく確認していく。また、本稿執筆時点でのiOS 11のバグの有無についても評価する。

Siri

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...

news020.jpg

CEO承継の課題、日本と世界の違いは?――PwC Strategy&調査
Strategy&は、世界の上場企業を対象に実施した、2018年におけるCEOの承継についての調査...

news028.jpg

みずほ銀行が「不正送金防止」メルマガ施策で申し込み率13倍に 社会課題解決型コンテンツの底力
社会課題解決を訴求するメルマガで、通常の13倍ものコンバージョンを獲得したみずほ銀行...