2017年10月14日 05時00分 公開
特集/連載

「Siri」やコントロールセンターを強化iPhone Xだけではない 新旧iPhoneの利便性を向上させる「iOS 11」注目機能 (1/3)

Appleの「iOS 11」では「Siri」が強化された他、コントロールセンターの設計が見直されている。また「運転中の通知を停止」設定も追加された。本稿ではiOS 11の変更点を詳しく解説する。

[Ed Hardy,TechTarget]

関連キーワード

iOS | Apple | iPhone | iPad | Wi-Fi | Bluetooth | Dropbox


iOS 11のSiriによる翻訳 iOS 11のSiriによる翻訳《クリックで拡大》

 Appleの「iOS」は毎年アップデートされる。だがアップデートにはパターンがあり、ある年「iPad」向けの強化が大半を占めたら、翌年は「iPhone」向けが中心になる。iPhoneユーザーには残念だが、2017年のアップデートはiPadが重視される。とはいえ、新バージョンの「iOS 11」がiPhoneに無関係なわけではない。

 iOS 11ではAppleの「Siri」が強化され、コントロールセンターの設計が見直されている。また、通知センターとロック画面が融合されている。「運転中の通知を停止」設定も追加された。新しいAppleの「ファイル」アプリはユーザーがずっと前から求めていたものだ。一方、「メモ」アプリと「マップ」アプリには多くの機能が用意され、「App Store」と「Podcast」アプリもデザインが見直されている。また、「カメラ」アプリの機能も強化された。さらにフォントが目立つものに変わり、ボタンのデザインも見直され、iOS全体に多くの調整が加えられている。

 本稿ではこうした変更点を詳しく確認していく。また、本稿執筆時点でのiOS 11のバグの有無についても評価する。

Siri

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。

news031.jpg

スマホのQRコード決済サービス、半数近くの人はキャンペーン終了後も「利用する」――ナイル調べ
キャンペーンに注目が集まるスマホのQRコード決済サービス。実際にはどの程度利用されて...

news116.jpg

電通ダイレクトマーケティングとCandeeがアフィリエイト型ライブコマースで協業
アフィリエイト型の料金体系のため、低リスクでのお試し出稿が可能。