2016年01月29日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10の音声アシスタント「Cortana」、その“暗黒面”を心配する人ビジネス使用が不安な理由(1/2 ページ)

Windows 10の「Cortana」は、テキストと音声を認識し、作業を手助けする仮想クライアントだ。だが、実はセキュリティ面で大きな問題がある。

[Robert Sheldon,TechTarget]
Windows 10の「Cortana」のWebページ《クリックで拡大》

 Microsoftの新OS「Windows 10」で最も話題になった機能の1つに「Cortana」がある。これは同OSに組み込まれた仮想アシスタントで、クライアントPCユーザーが好きなときに利用できる。

 Windows 10ではCortanaが従来の検索機能に取って代わり、テキストと音声の両方の入力に対応した先進的機能が追加された。Cortanaは単なる強化型の検索エンジンではない。検索エンジン「Bing」を原動力とするMicrosoftのクラウドサービスであり、OSとの接点が組み込まれ、データの収集もする。モバイルOS「Windows Phone 8.1」から導入されたCortanaは、スケジュール作成やタスクリマインダー、旅行情報の更新、位置情報サービスなど、ユーザーを手助けする幅広い機能が組み込まれている。検索機能はローカルファイルやアプリケーションシステム、Webなどを網羅している。

 Microsoftは、Cortanaを通じて適切でタイムリーなパーソナライズ化された情報をユーザーに届ける仮想アシスタントを提供し、生産性の向上やユーザーエクスペリエンスの強化を支援したい考えだ。

 ただしWindows 10のCortanaは潜在的な暗黒面もはらむ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...