「Windows 10」の“セキュリティ四天王”、一体どのような機能かマルウェアに隙を見せない(1/2 ページ)

米Microsoftは、「Windows 10」のマルウェアを排除する目的で新しいセキュリティ機能を追加した。“セキュリティ四天王”ともいえる4つの機能を紹介する。

2016年01月22日 08時00分 公開
[Michael CobbTechTarget]
Windows 10の公式Webサイト《クリックで拡大》

 エンドポイントが再び、情報セキュリティの戦いの主戦場となっている。セキュリティチームがネットワークをマルウェアから保護するために奮闘する一方で、マルウェア感染は日常的に発生し、重要リソースの運用を妨害している。米Microsoftのエンタープライズ用OS「Windows 10 Enterprise」では、生体認証機能「Windows Hello」や業界団体FIDO Allianceが策定する認証仕様「FIDO(Fast Identity Online)」に完全準拠した「Microsoft Passport」など、各種のセキュリティ強化が図られている。

 ただし、「Windows 10」デバイスを永久にマルウェアから守る上で鍵となるのは、新しいセキュリティ機能「Device Guard」だ。Device Guardは、OSの中核になるコアカーネルをマルウェアから保護する役割を果たす。Windowsセキュリティの担当者はこの新機能の仕組みをよく理解し、マルウェアといった各種のサイバー攻撃からWindows 10デバイスを守るために、この機能をどう活用すればいいかを確認しておくべきだろう。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news115.jpg

コカ・コーラ流 生成AIをマーケティングに活用する方法(無料eBook)
生成AIがこれからのマーケティングをどう変えるのかは誰もが注目するテーマ。世界最先端...

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...