2017年10月28日 05時00分 公開
特集/連載

「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」、ハイエンドモデルの予想外の進化をレビューする「Android 8.0 Oreo」「3Dクリエーター」搭載(1/3 ページ)

Xperiaシリーズで大きさが異なる2つのハイエンドモデル「Xperia XZ1」と「Xperia Z1 Compact」の2機種を徹底レビュー。両機種の特徴を詳しく見ていこう。

[Dragan Petric,TechTarget]
Xperia XZ1 Xperia XZ1《クリックで拡大》

 ソニーは、Xperiaシリーズの最新作として大きさが異なるハイエンドモデル「Xperia XZ1」と「Xperia Z1 Compact」の2機種をリリースする。国内での販売開始は2017年11月上旬以降を予定している。XZ1はフラグシップとしては一般的な5.2インチディスプレイを搭載する。一方のXZ1 Compactは、XZ1と同じ特徴を備えながらも小型の4.6インチディスプレイを搭載する。これには、フラグシップ市場の大型化の流れに真っ向から立ち向かうソニーの姿勢が現れている。

 この新機種は、過去のXperiaモデルに比べて、新モデルならではという点は少ないものの、テクノロジーとデザインの両面で幾つか改善が加えられている。例えば、背面カメラを3Dスキャナーとして用いるアプリケーション「3Dクリエーター」がある。これは特に興味深いアプリケーションだが、まずは両機種を詳しく見ていこう。

 XZ1とXZ1 Compactの機能はほぼ変わらない。どちらも現状最も強力なQualcommの「Snapdragon 835」チップセット、「Kyro 280」オクタコアプロセッサ、「Adreno 540」GPU、4GBのRAMを搭載する。ストレージはXZ1が64GB、XZ1 Compactが32GBを備えている。搭載カメラは両機種とも1920万画素のソニー製1/2.3型、絞り値(F値)は2.0で、4K動画の撮影機能を備えている。正面カメラは800万画素の広角レンズで自撮りに適している。どちらのモデルもGoogleの最新OS「Android 8.0 Oreo」とXperiaランチャーが最初から付属している点は興味深い。

構造とデザイン

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...