2016年11月27日 08時00分 公開
特集/連載

徹底レビュー: Zの名を継ぐソニー「Xperia XZ」に“フラグシップ機”の新定義を見た「iPhone 7」にも負けない操作性(1/2 ページ)

Xperiaシリーズのフラグシップモデルだった「Xperia Zシリーズ」。その“Z”の文字を名に持つ新たなモデル「Xperia XZ」の実力を検証する。

[Dragan Petric,TechTarget]
画像 写真1 ソニーのXperia XZ《クリックで拡大》

 ソニーモバイルコミュニケーションズ(以下、ソニー)のスマートフォン「Xperia XZ」(写真1)は、他の主力モデルには及ばないが、そのユーザーエクスペリエンスは見劣りしていない。

 Xperia XZは、その確かな構造と特徴的な角ばったデザインのおかげで、とても魅力的に仕上がっている。この最新モデルは前モデルよりもタッチ機能が進化しており、HTCやSamsung Electronics、Appleの主力モデルに近い操作性を持つ。

 仕様によれば、フルHD(1920×1080ピクセル)の5.2型ディスプレイ、QualcommのSoC(System on Chip)である「Snapdragon 820」、3GBのRAM、2900mAhのバッテリー、OSに「Android 6.0.1 Marshmallow」を搭載する。ボディーは防水型で、2300万画素の背面カメラと1320万画素のフロントカメラも備える。

Xperia XZの構造とデザイン

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。