2018年06月02日 05時00分 公開
特集/連載

エンタープライズ向け機能が満載「Android P」はスマートフォンをどう変える? 新機能を紹介

Googleは、Android OSの最新版となる「Android P」(コードネーム)を公開した。エンタープライズ向けの新機能など、Android Pに盛り込まれた内容を紹介する。

[Matt Schulz,TechTarget]

関連キーワード

Android | Google


 Googleが公開したAndroid OSの最新版「Android P」には、仕事でAndroidスマートフォンを使いやすくする機能が盛り込まれた。

Android Pの操作

Android Pのスライス機能《クリックで拡大》

 今回のAndroid Pは、過去のバージョンと同じように見えるが、新しいユーザーインタフェースの操作方法は際立っている。画面の下部中央にあるペレットはホームボタンとして機能する。だがほとんどの操作は、ユーザーのジェスチャーによって可能だ。ユーザーがアプリを開くと、戻るボタンが表示される。直前に使っていたアプリを表示するボタンはなくなったが、ユーザーが画面を下から上に半分スワイプすると、それと同じ動作ができる。

 ホームからマイクをタップすると、音声システムを利用できる。Android OSのこれまでのバージョンではユーザーに画面を検索させていたが、Android Pでは「Google アシスタント」に誘導されるようになった。

 Android Pの「スライス」機能では、直前に使っていたアプリ内の機能との連携を深めている。通知パネルは、メーカー数社から間もなく登場する狭額縁スマートフォン向けのデザインになっている。

 Android Pには他にも、エラーダイアログを抑制できるなどの役に立つ機能が搭載された。例えば、コードが完成していない試験期間中にはエラーログは表示されない。

Android Pのエンタープライズ機能

 Androidは、仕事に役立つエンタープライズ向けツールへ向けて前進している。Android Pの主な新機能の1つとして、業務用プロファイルユーザーインタフェースが作成できるようになった。ユーザーは業務用プロファイルのオンとオフを切り替えることによって、業務用アプリと私用アプリを切り離すことができる。管理者がプロファイルのオンとオフを切り替え、業務用プロファイルの状況をチェックすることもできる。この機能はAndroid Pに搭載されているが、どのメーカーがサポートするかは現時点では分からない。

ITmedia マーケティング新着記事

news125.jpg

日本が最下位――クアルトリクス「2020年 従業員エクスペリエンストレンド」レポートを読む
従業員体験(EX)は顧客体験(CX)と並ぶ重要テーマですが、日本における従業員エンゲー...

news146.jpg

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

news110.jpg

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...