2018年03月02日 05時00分 公開
特集/連載

Googleが太鼓判を押すビジネス端末「Android Enterprise Recommended」、対象デバイスは?新プログラムでGoogleはIT担当者の信頼を得られるか

Googleの新プログラムでは、一定の基準を満たしたデバイスを承認し、Androidの定期的なセキュリティアップデートを提供するとともに、一貫した管理性を実現する。

[Colin Steele,TechTarget]
画像 もう業務用Androidで悩まない

 Googleが2018年2月21日に発表した「Android Enterprise Recommended」プログラムは、一定の基準を満たし、仕様ガイドラインに沿ったデバイスを承認する。Google「一押し」のデバイスというわけだ。業務利用とセキュリティに優れたデバイスが対象となる。例えばAndroidのセキュリティアップデートがリリースされて90日以内に適応するデバイス、などが条件となる。

 「Googleは再び企業に対し、『あなた方が選ぶデバイスは安全です』と説得を試みている」。グローバルオンラインメディア企業Oathのエンタープライズアーキテクト、ブライアン・カッツ氏はそう解説する。「だがその根拠はあやふやで、一部のデバイスには定期的なアップデートが配信されるものの、一貫性には欠ける」

 Android Enterprise Recommendedの対象となるデバイスは、Android 7.0(Nougat)以降を搭載していなければならず、最低限のハードウェア仕様準拠、エンタープライズモバイル管理(EMM)のためのゼロタッチ(自動設定機能)登録が利用できるなどの条件を満たす必要がある。Googleによると、2016年8月にリリースされたバージョン7.0以降のAndroidを搭載したデバイスが、全Androidデバイスに占める割合は、29.6%にとどまる。

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...