iPhoneとAndroidスマホを比較 「仕事で使うならどっち?」の答え特選プレミアムコンテンツガイド

ビジネスで使うスマートフォンに最適なのは、Android搭載スマートフォンとiPhoneのどちらだろうか。企業によってどちらが最適かは異なるが、本稿では、より自社に最適なスマートフォンを選ぶための3つのポイントを紹介する。

2018年12月07日 13時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 Android搭載スマートフォンとiPhone、どちらにするかは究極の選択だ。自社で使うビジネス用スマートフォンについて考えるときも例外ではない。ひとくちにAndroid搭載スマートフォン、iPhoneといっても、機種によって性能や機能は異なる。どのスマートフォンが最適なのかは、利用環境によって変わってくるため、企業のデバイス選定担当者は頭を悩ましていることだろう。

 機種の特性を理解しないと思わぬセキュリティリスクを招くこともあり得るため、仕事で使うスマートフォンを選ぶときは「機種」と「OS」に加えて「セキュリティ」が重要になってくる。

 本稿では、自社に最適なスマートフォンを選定するために重要な機種、OS、セキュリティのそれぞれのポイントについて解説する。さらにビジネス利用で重要となる「スマートフォンを脅威から守る方法」も併せて解説する。企業のデバイス選定の参考になれば幸いだ。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...