2018年12月17日 17時00分 公開
特集/連載

「セキュリティ責任者」がすぐに辞めてしまう“本音の理由”特選プレミアムコンテンツガイド

最高情報セキュリティ責任者(CISO)の役割が重要性を増している。にもかかわらず、定着率は高くないという。CISOは、何を理由に辞めていくのか。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 慢性的なセキュリティ人材不足と同等、もしくはそれ以上に深刻なのが、企業のセキュリティ対策を統括する「最高情報セキュリティ責任者」(CISO)の定着問題だ。デジタル技術を活用して新ビジネスの創出やビジネス変革に取り組む「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の取り組みが広がり、企業活動にITが果たす役割が大きくなる中、セキュリティ対策の重要性も高まっている。セキュリティ対策のかじ取り役となるCISOがころころ変わるようでは、企業活動にもたらす影響が無視できなくなる。

 CISOがなかなか定着しない原因は、どこにあるのか。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料は調査結果を基に、CISOが会社を去る主な理由を紹介。併せて、セキュリティ対策への人工知能(AI)技術の応用が広がる中で、CISOが検討すべき課題を整理する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...