2018年12月17日 17時00分 公開
特集/連載

「セキュリティ責任者」がすぐに辞めてしまう“本音の理由”特選プレミアムコンテンツガイド

最高情報セキュリティ責任者(CISO)の役割が重要性を増している。にもかかわらず、定着率は高くないという。CISOは、何を理由に辞めていくのか。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 慢性的なセキュリティ人材不足と同等、もしくはそれ以上に深刻なのが、企業のセキュリティ対策を統括する「最高情報セキュリティ責任者」(CISO)の定着問題だ。デジタル技術を活用して新ビジネスの創出やビジネス変革に取り組む「デジタルトランスフォーメーション」(DX)の取り組みが広がり、企業活動にITが果たす役割が大きくなる中、セキュリティ対策の重要性も高まっている。セキュリティ対策のかじ取り役となるCISOがころころ変わるようでは、企業活動にもたらす影響が無視できなくなる。

 CISOがなかなか定着しない原因は、どこにあるのか。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料は調査結果を基に、CISOが会社を去る主な理由を紹介。併せて、セキュリティ対策への人工知能(AI)技術の応用が広がる中で、CISOが検討すべき課題を整理する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら

ALT ダウンロードはこちら

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...