2014年05月09日 18時30分 公開
特集/連載

今分かっている新型「iPhone 6」の全て、2サイズ展開は本当か薄く丈夫な「iPhone Air」も?

米Appleが2014年秋に発売するとみられる、通称「iPhone 6」のうわさが飛び交っている。大画面版が出る、画面の素材が変わるなど、これまでに出ているiPhone 6のうわさを整理した。

[Vince Font,TechTarget]

 2014年秋にリリースが予定されている、米Appleの新しい「iPhone」(現時点では名称未定のため、本稿では「iPhone 6」という仮称を使用する)に関するうわさが活発に出回っている。1時間ごとに新たな情報が浮上しているといっても過言ではない。こうした状況で新たな情報を完全に把握することは、耐久レースのようなものだ。うわさの段階にある情報については、通常であればうのみにしないことが肝要だ。だが本稿では、これまでに浮上しているうわさの中で確度が高いものをまとめて紹介する。

「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」、読者プレゼント実施中!

iPhone 6(写真はシルバー)

TechTargetジャパンは、「iPhone」「iPad」といったiOS端末の業務利用に関する記事を集約したテーマサイト「iOS端末で会社は幸せになれる? 『iPhone』『iPad』の業務利用は“天国”か“地獄”か」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」を抽選でプレゼントします。

プレゼント申し込みはこちら


2種類の異なるiPhoneが別のタイミングでリリースされる

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...