PCが売れても「タブレット」が売れない理由特選プレミアムコンテンツガイド

ノートPCよりも持ち運びがしやすく、スマートフォンよりも画面が大きい「タブレット」は、情報端末の新たな用途を生み出してきた。その勢いに陰りが見え始めてきたという。どういうことなのか。

2022年01月21日 12時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 Appleの「iPad」の登場以降、「タブレット」は企業や家庭に急速に普及した。物理キーボードの利用を必須としないタブレットは、これまでのモバイルデバイスの中心的存在だったノートPCを上回る携帯性を実現し、情報端末の新たな用途を生み出してきた。店舗の販売員が立って接客しながらカタログを表示したり、教育機関が屋外活動で紙のノート代わりに利用したりと、タブレットの用途は幅広い。

 タブレットがあれば、ノートPCは不要になるのではないか――。こうした声も聞こえるほど、普及期のタブレットは大きな存在感を持っていた。ただし最近は“テレワーク特需”で活況の米国PC市場でタブレットの出荷台数が減少するなど、勢いに陰りが見え始めている。タブレットに何が起きているのか。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

関連記事:「タブレット」は売れ続けることができるか

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...