「新品を買う」はもう古い? スマホ二次流通が活況特選プレミアムコンテンツガイド

米国でモバイルデバイス二次流通市場が急成長している。活況の背景には何があるのか。市場を動かしているのは、どのような機種なのか。

2022年02月03日 10時30分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「リデュース」(Reduce:発生抑制)、「リユース」(Reuse:再利用)、「リサイクル」(Recycle:再生利用)の「3R」は、世界が目標にする「サステナブル(持続可能)な社会」の実現を支える取り組みだ。3Rに寄与する製品流通の手段として、中古品販売を中心とした二次流通がある。手軽に出品できる個人向けフリーマーケットアプリケーション(フリマアプリ)が充実する中、二次流通品は製品購入時の自然な選択肢になりつつある。

 スマートフォンをはじめとするモバイルデバイスの市場でも、二次流通が存在感を示す。例えば米国のモバイルデバイス二次流通市場は、パンデミック(感染症の世界的大流行)の影響でいったん縮小したものの、2021年第2四半期(4月〜6月)にパンデミック前の水準に戻すなど勢いを取り戻しつつある。その背景には3R意識の向上やフリマアプリの台頭とは異なる、“ある事情”があった。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:活性化するモバイルデバイスの二次流通

ITmedia マーケティング新着記事

news065.jpg

アップルのiPad Pro炎上CMにサムスンが一撃 「クリエイティビティーはCrushできない」
Appleらしからぬマーケティングの失敗から数日後、Samsungは「Galaxy Tab S9」を訴求する...

news063.jpg

電話・スマホでのコミュニケーションは「通話」? 「テキスト」?
クロス・マーケティングが全国の20〜69歳男女を対象にした調査によると、電話やスマホで...

news061.png

商品のパッケージが変わると購入意欲につながる?
商品のパッケージデザインの一新が新規購入とその後のリピート購入にどの程度つながって...