2021年10月08日 05時00分 公開
特集/連載

「中古スマホ」なぜ増える? 「5G」が原因との声も活性化するモバイルデバイスの二次流通【後編】

米国でモバイルデバイスの二次流通市場が著しく成長している。成長をけん引するのは何なのか。下取りの現場で起こっている“ある変化”とは。

[Joe O’Halloran,TechTarget]

関連キーワード

BYOD(Bring Your Own Device) | iPhone | Android


 モバイルデバイスの下取りを手掛けるHYLA Mobileの調査結果は、米国モバイルデバイス二次流通市場の成長ぶりを明らかにした。前編「『中古スマホ』市場が活況 最も下取りに出されたiPhone、Androidスマホは?」に続く後編となる本稿は、同市場を活性化させている“刺激剤”は何かを考える。

 2021年第2四半期(4月〜6月)、米国の二次流通市場で取引されたモバイルデバイスの平均使用期間はどのくらいだったのか。HYLA Mobileによると、OSに「Android」を採用したモバイルデバイスの平均使用期間は3.09年だった。2021年第1四半期(1月〜3月)は2.77年だった。Appleのスマートフォン「iPhone」シリーズの平均使用期間は3.37年で、前期の3.29年から微増だった。スマートフォン全体の平均使用期間は前期より0.15年長くなり、3.30年だった。

「5G」が「中古スマホ」を増やす?

 米国のモバイルデバイス二次流通市場を刺激しているのは、通信事業者や販売店によるアップグレードのプログラムだ。各社は「5G」(第5世代移動通信システム)を使った高速通信ができる機種に、手ごろな価格でアップグレードできる施策を講じ、モバイルデバイスの機種変更を積極的に促している。HYLA Mobileはこうしたプログラムは今後も続くと考えており、モバイルデバイス二次流通市場の継続的な活性化を予測する。

 2020年にHYLA Mobileを傘下に収めた携帯電話販売・保険会社Assurantのグローバルコネクテッドリビング部門プレジデント、ビジュ・ナイア氏は「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受け、消費者がモバイルデバイスの下取りのためにオンラインサービスを利用する動きが加速している」と述べる。今後は消費者の間で、オンラインと実店舗を併用して下取りを完了させる動きが広がる見込みで、「二次流通の『場』が多様化する」とナイア氏は言う。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...