「中古スマホ」市場が活況 最も下取りに出されたiPhone、Androidスマホは?活性化するモバイルデバイスの二次流通【前編】

パンデミックが続く中で、米国のモバイルデバイス二次流通市場が急成長している。下取りに出されているのは、どのような端末なのか。

2021年10月02日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

BYOD(Bring Your Own Device) | iPhone | Android


 米国でモバイルデバイスの二次流通市場が活況を呈している。モバイルデバイスの下取りを手掛けるHYLA Mobileによると、米国における2021年第2四半期(4月〜6月)のモバイルデバイス二次流通市場は、前年同期比で約2.53倍の約5億7100万ドル(約634億円)だった。消費者がモバイルデバイスを機種変更する動きが活発で、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)前の水準に回復しているという。

iPhone、Androidの下取り件数1位は“あの機種”だった

 HYLA Mobileは、2021年第2四半期に下取り件数の多かったモバイルデバイス上位5機種も発表した。首位は2期連続で、Appleが2018年9月に発売した「iPhone XR」が獲得。続いて「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「iPhone 11」「iPhone X」がランクインした。

 iPhone 11は2019年9月発売の、まだ比較的新しい機種だ。だが「5G」(第5世代移動通信システム)を使った高速通信ができる「iPhone 12」と比べて魅力を発揮できず、消費者が買い替えに踏み切ったとHYLA Mobileはみる。2021年第2四半期におけるiPhoneシリーズ全体の平均下取り価格は、前年同期から40ドル以上上昇し、196.60ドルだった。

 OSに「Android」を採用しているモバイルデバイスでは、2021年第2四半期にはSamsung Electronicsのスマートフォン「Galaxy S9」が下取り件数で1位となった。Androidスマートフォンの平均下取り価格は前年同期から12ドル以上上昇し、97.03ドルだった。


 後編は、米国でモバイルデバイス二次流通市場が活況を呈している背景を解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...