「無線LANルーターの7割は侵入可能」の真相特選プレミアムコンテンツガイド

安価なハードウェアと攻撃プログラムさえあれば、企業や家庭にある大半の無線LANルーターに侵入できる――。そうした実態をセキュリティ研究者が突き止めた。その“驚きの手口”と対策を紹介する。

2022年01月07日 13時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 企業のオフィスや家庭にある「無線LANルーター」の大半は、単純な手口で不正侵入できる――。セキュリティベンダーの研究者チームが明らかにした結果だ。このチームはハッシュ化された無線LANルーターパスワードの約7割について、50ドル相当のハードウェアと攻撃プログラムを使って解読できたという。

 調査場所はイスラエルのテルアビブだったが、国や地域を問わず、無線LANルーターが適切に設定されていなければ、同様の手口で不正侵入を許してしまう可能性がある。研究者チームが明らかにした手口の詳細は。不正侵入を食い止めるための対策とは。それぞれの答えを探っていこう。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

関連記事:“危ない無線LAN”を生む原因と対策

ITmedia マーケティング新着記事

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...

news188.png

香り体験をデジタル化する「香りリテールメディア」 東芝テックとスコープが提供開始
店頭に香りリテールメディア用のタブレットと香料噴射器が付いた商品棚を設置して、消費...

news182.png

電通と電通デジタル、電通プロモーションプラス3社横断のCX専門チームが発足
dentsu Japanの3社は、分散しがちだったCXの施策、ノウハウ、データをつなげるストック型...