2021年12月03日 12時30分 公開
特集/連載

「Skype」を使わなくなった“Zoom以外”の理由特選プレミアムコンテンツガイド

かつて「Skype」はコミュニケーションツールの主役だったが、現在はかつての勢いはない。「Zoom」など比較的新しいWeb会議ツールの普及が影響していることは確かだ。だが衰退の原因は本当にそれだけなのだろうか。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 平日の日中は同僚とのコラボレーションに使い、夜間や休日には遠く離れた家族や遊び仲間との会話に使う。そうしたコミュニケーション手段とは何か――。その答えとして、今真っ先に思い浮かぶと考えられるのは、「Zoom」をはじめとするWeb会議ツールだ。だが少し前まではそうではなかった。少なくとも2010年ごろまでは、その答えとしてごく自然だったのが「Skype」だ。

 Skypeはもちろん今も使われている。ただしSkypeが「手軽なデジタルコミュニケーション手段」の代名詞的な存在だったころとは状況が違う。コミュニケーションツールの利用率に関する調査結果では、現在はZoomなどのWeb会議ツールがSkypeを圧倒している。ただし「Web会議ツールがSkypeの衰退を招いた」と考えるのは早計だ。それならば、Skypeがかつての輝きを失った原因は何なのか。TechTargetジャパンの関連記事をまとめた本資料は、その答えを探る。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

“Zoom以外のコミュニケーションツール”の生きざま

ITmedia マーケティング新着記事

news056.jpg

マーケターの87%がサードパーティーCookie利用規制の影響を実感――イルグルム調査
広告主はWeb広告の効果においてCookieの利用規制の影響を感じているようです。

news122.jpg

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

news014.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。