2019年05月20日 05時00分 公開
特集/連載

「Android」と「iOS」をあらためて比較 結局、どちらが“正解”なのか?管理者の視点で見るなら

企業が業務用に「Android」と「iOS」のいずれかを選ぶ際は、Androidのカスタマイズ性と豊富な選択肢を重視するか、iOSの一貫性を重視するかが鍵になる。

[Jack Gold,TechTarget]
画像

 スマートフォンの業務利用が広がるに連れ、業務用モバイルデバイスのOSとしてGoogleの「Android」とAppleの「iOS」のどちらが適しているかという議論が生じる。

 この議論に明確な答えはない。企業がいずれかのモバイルデバイスを選択する際は、それぞれの長所と短所をよく検討する必要がある。AndroidとiOSのこれまでの進化やサポートするアプリケーション、管理ツールについても紹介しよう。

Androidの長所と短所

 AndroidデバイスはSamsung ElectronicsやGoogle、Huawei Technologiesなどさまざまなメーカーが販売しており、選択肢が幅広い。さまざまな価格帯や機能の機種があり、「Samsung Galaxy S10+」のようなハイエンドのデバイスもあれば、機能を減らした「HUAWEI P20」のような低価格帯のデバイスもある。Androidデバイスメーカーは互いに競争しているため、交渉次第で大量購入による割引を受けられる可能性がある。

 メーカー各社は、Androidの標準的なセキュリティ機能に加え、各社独自のセキュリティ機能を搭載している。例えば、Samsungのモバイルデバイス向けセキュリティ技術「Knox」を搭載したデバイスであれば、独自のセキュリティ対策をデバイスに施すことが可能になる。

 Androidデバイス用のアプリケーションは種類が豊富だ。自社専用のビジネス用アプリケーションを開発し、公式アプリケーションストア「Google Play」で配布することもできる。企業向けデバイス管理プログラム「Android Enterprise」では、管理者が従業員のデバイスを個人用プロファイルと仕事用プロファイルに分割し、仕事用のアプリケーションとデータのセキュリティを強化できる。

「一貫性」が大きな判断材料に

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...