2014年07月28日 12時00分 公開
特集/連載

スマホとタブレットが医療の現場をカイゼンしつつあるモバイルテクノロジーによる品質改善(QI)

医療現場におけるデータの利活用は重要な課題の1つであり、モバイルテクノロジーは医療の品質改善の面からも評価されるべきだ。

[Trevor Strome,TechTarget]

 モバイルテクノロジーによる変革に多くの医療機関が行き詰っている。議論の中心となるのは「医師が医療行為を行うとき、モバイルテクノロジーが情報の利用方法をどう変えるか」「モバイルテクノロジーによって患者自身がライフスタイルの選択肢をより適切に管理できるようになることを通じて、患者の医療への理解向上をどう図っていくか」の2点だ。本稿では、医療現場における品質とパフォーマンス向上という観点から、モバイル分野の大きな変化について説明する。

医療における品質改善の必要性

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

2022年に向けてサプライパス最適化(SPO)への投資が増加――IAS調査
広告支出の多くがプログラマティックバイイングに向かう中、SPO戦略への関心が高まってい...

news103.jpg

なぜ日本企業だけがデータを中心としたコミュニケーションへの変化に否定的なのか
パンデミックがコミュニケーションに与えた影響について、ビジネスリーダーの評価が日本...

news172.jpg

マクドナルドが有名ゲーム配信集団とタッグを組む理由
米McDonald'sとFaZe Clanがライブストリーミングイベント「Friendsgaming」を実施。有名...