2018年05月18日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「データサイエンティスト」と「ビジネスアナリスト」の違い新規ビジネスのチャンスを得やすいのはどちら?

データサイエンスとビジネスアナリストの違いは、データサイエンティストがデータを深く掘り下げて、独自のビジネス解決策に行き着かなければならない点だ。もちろん違いはそれだけではない。

[Matt Mueller,TechTarget]
画像 それぞれの特徴を把握しよう

 データサイエンスとビジネスアナリストの仕事はどう違うのか。データサイエンティストになるためには、どのような訓練や教育が必要とされるのか。

 最も一般的なビジネス分析職であるデータサイエンティストとビジネスアナリストとの違いは幾つもある。だが、その違いを高いレベルで考えると、医療研究者と医療技術者との違いに例えることができる。一方は実験と科学的手法を用いて新しい、画期的な発見をもたらす可能性を秘めた研究をする。他方は既存の知識を現実の知識に当てはめる。

 データサイエンティストとビジネスアナリストの違いは、それぞれが活躍する場所の違いが挙げられる。データサイエンティストはビッグデータを掘り下げ、実験を通じてデータの中の新しい洞察を発見するのが目的だ。一方、ビジネスアナリストは一般的に、セルフサービス分析ツールを使って収集されたデータセットを検証し、報告書の作成とデータ可視化をして、四半期ごとの収益や目標を達成するために必要な売り上げなど、目的に沿った結果報告をまとめる。

データサイエンティストの仕事

ITmedia マーケティング新着記事

news140.jpg

ゴールデンウイークの消費「かなり減った」が過半数――モニタス調査
2020年のゴールデンウイークにおける消費の実態調査です。

news118.jpg

コロナ禍で変わる広報活動、最も伸びた利用ツールは「Zoom」――本田事務所とベクトルが調査
8割の広報人材が新型コロナで「広報活動に影響が出た」と回答。「広報は変わる」と考える...