「Chrome」「Edge」「Firefox」のメモリ使用量はどれだけ違う? 測定してみたWebブラウザ「メモリ使い過ぎ」防止法【第3回】

Webブラウザのメモリ使用量には、どの程度の違いがあるのか。主要なWebブラウザ「Google Chrome」「Microsoft Edge」「Firefox」を使って、それぞれのメモリ使用量を測定するテストを実施した。その結果は。

2023年01月20日 08時15分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

管理者 | ストレージ | 技術解説


 企業がWebブラウザによるメモリ使用量を抑えるためには、まずはメモリ使用量の見える化が重要になる。Webブラウザによってメモリ使用量は異なるからだ。あるテストをすれば、Webブラウザごとのメモリ使用量が分かる。どのようなテストなのか。

「Chrome」「Edge」「Firefox」のメモリ使用量はこのくらい違う

 Webブラウザごとにメモリの使用方法が異なる。1つもしくは複数のWebページを開くだけでは、Webブラウザのメモリ使用量を正確に把握することはできない。簡単なテストをすれば、Webブラウザのメモリ使用量が異なることは分かる。

 ここでは、主要なWebブラウザ「Microsoft Edge」「Google Chrome」「Firefox」を対象としてテストを実施した。テスト結果は、各Webブラウザでそれぞれ1つのタブを開いたときの測定値だ。第2回で紹介した、MicrosoftのOS「Windows」のコマンド実行機能「Windows PowerShell」のコマンドを使用して、各Webブラウザのメモリ使用量を計測した。

 以下は、Windows PowerShellで計測する際に、各Webブラウザに関連付けるプロセス名だ。

  • Google Chrome:chrome
  • Microsoft Edge:msedge
  • Firefox:firefox

 Google Chromeは、使用統計とクラッシュレポート(ソフトウェア異常終了の報告)をGoogleに送信する機能の処理を含む。ただし、これは計測には反映されない。

 各Webブラウザのメモリ使用量は下記の通りだった。

  • Google Chrome:422.91 MB
  • Microsoft Edge:476.56 MB
  • Firefox:683.66 MB

 この計測結果だけで、どのWebブラウザを自社で使うかを決定すべきではない。しかしWebブラウザがメモリをどれほど使用しているかを知ることは、一つの判断材料にはなる。


 第4回は、Webブラウザのメモリ使用量の「変化」に着目する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...

news078.jpg

マーケティングツール活用にまつわる3つの課題とは? ――インキュデータ調査
マーケティングツールを利用する企業は多いものの、利用企業はツールをうまく使いこなせ...

news205.png

広告の「No.1」表記の実態 購入動機の約60%に影響
GMOリサーチ&AIは広告の「No.1」表記に対する消費者の捉え方を把握するために調査を実施...