2019年10月15日 05時00分 公開
特集/連載

「Mac」管理の新しいアプローチ【中編】「Apple Business Manager」と「UEM」の連携がもたらすメリットは?

Appleのデバイス導入支援サービス「Apple Business Manager」と共に統合エンドポイント管理(UEM)製品を利用すると、WindowsデバイスとMacが混在するオフィスのデバイス管理が楽になる可能性がある。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 「macOS」を搭載する「Mac」を従業員に支給する企業が珍しくなくなり、企業がMacの管理について積極的に検討するようになってきている。Appleは従来のMac管理の方法を改善するために、2本立ての戦略を推奨している。デバイス導入支援サービス「Apple Business Manager」(ABM)を利用することと、ABMが利用できるモバイルデバイス管理(MDM)製品または統合エンドポイント管理(UEM)製品を導入することだ。

 前編「Macに不慣れなWindows管理者が知りたい、Mac管理の『これまでとこれから』」に続き、本稿はAppleの新しいmacOS管理のアプローチについて紹介する。

Appleが提供する新しい管理方法

 ABMはAppleが提供する比較的新しいサービスで、デバイスの購入や配備、コンテンツ配信を自動化する。IT管理者はアプリケーションを一括購入して、管理対象デバイスに直接配布できる。

 Appleは同社のデバイス導入支援プログラム「Device Enrollment Program」(DEP)とアプリケーションのボリュームディスカウントプログラム「Volume Purchase Program」(VPP)をABMに統合し、これらのプログラムの置き換えを2019年12月1日に終了する。ABMはMacの他、「iOS」デバイスと「tvOS」デバイスの管理にも利用できる。

ABMとUEM製品の連携で実現できること

 ABMはUEM製品とシームレスに連携し、Apple製デバイスの配備と管理を一元化できる。ABMとUEM製品を連携させると、IT管理者はMacを直接手にしたり準備したりすることなく、公式の安全な方法でUEM製品に登録できる。Macを登録した後、IT管理者はリモートで次のような操作ができる。

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...