2019年10月08日 10時05分 公開
特集/連載

Macに不慣れなWindows管理者が知りたい、Mac管理の「これまでとこれから」「Mac」管理の新しいアプローチ【前編】

会社用のデバイスとして、WindowsデバイスだけでなくMacも選べることが珍しくなくなってきた。IT担当者はMac管理について優先的に検討する必要に迫られている。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 「Windows」デバイスの管理と安全性確保の方法には、さまざまな選択肢がある。一方で「Mac」の方は付け足しのような扱いになりがちだった。

 ここ数年でMacの管理手段が充実してきた。Apple自身の努力に加え、幅広いデバイスやアプリケーションを管理可能な新しい管理ツールの登場もこれに寄与している。MacがWindowsデバイスに取って代わることは、今はまだなさそうだが、それでもMacは企業にとって重要な存在になってきている。

 会社支給のデバイスが選べる場合にMacを選んだり、私物のMacを職場で使用したりする従業員が珍しくなくなる中、企業におけるMac管理の優先度が高まってきた。幸い、企業におけるMac管理は、以前よりも現実的な選択肢の充実度が増している。

Windowsデバイス管理とは異なるMac管理

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...