2019年10月08日 10時05分 公開
特集/連載

「Mac」管理の新しいアプローチ【前編】Macに不慣れなWindows管理者が知りたい、Mac管理の「これまでとこれから」

会社用のデバイスとして、WindowsデバイスだけでなくMacも選べることが珍しくなくなってきた。IT担当者はMac管理について優先的に検討する必要に迫られている。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 「Windows」デバイスの管理と安全性確保の方法には、さまざまな選択肢がある。一方で「Mac」の方は付け足しのような扱いになりがちだった。

 ここ数年でMacの管理手段が充実してきた。Apple自身の努力に加え、幅広いデバイスやアプリケーションを管理可能な新しい管理ツールの登場もこれに寄与している。MacがWindowsデバイスに取って代わることは、今はまだなさそうだが、それでもMacは企業にとって重要な存在になってきている。

 会社支給のデバイスが選べる場合にMacを選んだり、私物のMacを職場で使用したりする従業員が珍しくなくなる中、企業におけるMac管理の優先度が高まってきた。幸い、企業におけるMac管理は、以前よりも現実的な選択肢の充実度が増している。

Windowsデバイス管理とは異なるMac管理

ITmedia マーケティング新着記事

news017.jpg

消費財メーカーを悩ませる「店舗」という大問題、SaaSならどう解決できる?
小売業が激動する時代の消費財メーカーにSaaSができることは何か。Salesforceの新製品「C...

news035.jpg

企業の魅力は人の魅力――電通パブリックリレーションズ「第4回魅力度ブランディング調査」
電通パブリックリレーションズ内の企業広報戦略研究所は、生活者1万人を対象とした「第4...

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...