Macに不慣れなWindows管理者が知りたい、Mac管理の「これまでとこれから」「Mac」管理の新しいアプローチ【前編】

会社用のデバイスとして、WindowsデバイスだけでなくMacも選べることが珍しくなくなってきた。IT担当者はMac管理について優先的に検討する必要に迫られている。

2019年10月08日 10時05分 公開
[Robert SheldonTechTarget]
画像

 「Windows」デバイスの管理と安全性確保の方法には、さまざまな選択肢がある。一方で「Mac」の方は付け足しのような扱いになりがちだった。

 ここ数年でMacの管理手段が充実してきた。Apple自身の努力に加え、幅広いデバイスやアプリケーションを管理可能な新しい管理ツールの登場もこれに寄与している。MacがWindowsデバイスに取って代わることは、今はまだなさそうだが、それでもMacは企業にとって重要な存在になってきている。

 会社支給のデバイスが選べる場合にMacを選んだり、私物のMacを職場で使用したりする従業員が珍しくなくなる中、企業におけるMac管理の優先度が高まってきた。幸い、企業におけるMac管理は、以前よりも現実的な選択肢の充実度が増している。

Windowsデバイス管理とは異なるMac管理

ITmedia マーケティング新着記事

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...