2021年08月10日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナ「ワクチンパスポート」活用に「接触確認システム」の経験が生きる訳オフィスワーク再開に役立つ「ワクチンパスポート」の今【後編】

企業がCOVID-19のワクチンパスポートを利用する場合、個人情報の管理に伴うさまざまなリスクが発生する。安全な利用には何が必要なのか。具体策を解説する。

[Makenzie Holland,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行による外出制限で、企業はオフィスワークからテレワークへの移行を余儀なくされた。国や地域による制限が解除されてオフィスワークを再開する際には、「ワクチンパスポート」(ワクチン接種証明書)が役立つ。個人情報を含む可能性があるワクチンパスポートを安全に扱うために、企業は何をすればよいのか。

「接触確認システム」への投資がなぜワクチンパスポート活用に役立つのか

ITmedia マーケティング新着記事

news146.jpg

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...

news026.jpg

ティム・クック氏の給与明細 時価総額3兆ドル企業のCEOは平均的Apple社員の1447倍稼ぐ
巨大りんごと姫りんご? 「Apple to Apple」とは言えない格差がさらに拡大中。

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...