2021年08月10日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナ「ワクチンパスポート」活用に「接触確認システム」の経験が生きる訳オフィスワーク再開に役立つ「ワクチンパスポート」の今【後編】

企業がCOVID-19のワクチンパスポートを利用する場合、個人情報の管理に伴うさまざまなリスクが発生する。安全な利用には何が必要なのか。具体策を解説する。

[Makenzie Holland,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行による外出制限で、企業はオフィスワークからテレワークへの移行を余儀なくされた。国や地域による制限が解除されてオフィスワークを再開する際には、「ワクチンパスポート」(ワクチン接種証明書)が役立つ。個人情報を含む可能性があるワクチンパスポートを安全に扱うために、企業は何をすればよいのか。

「接触確認システム」への投資がなぜワクチンパスポート活用に役立つのか

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...