新型「iPhone 6」を素直に喜べない企業は? 「iOS 8」対応に時間切れの懸念ついにベールを脱いだiPhone 6とApple Watch

米Appleが同社スマートフォンの新型モデル「iPhone 6」を発表した。企業のIT管理者は、社内受け入れに向けて対応を急ぐ必要がある。また、新OS「iOS 8」への対応も急務だ。

2014年09月11日 15時00分 公開
[Jake O'Donnell,TechTarget]

関連キーワード

iPhone | Apple | OS | iOS | BYOD(Bring Your Own Device)


 企業のIT部門は、従業員による米Appleの新型モデル「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」(以下、iPhone 6/6 Plus)の社内持ち込みに備える必要がある。また、2014年9月17日に提供開始される新OS「iOS 8」への対応はさらに重要だ。その理由を説明する。

 iPhone 6/6 Plusの発表に際して、Appleは企業向けの戦略を明らかにしなかった。しかし、企業のIT部門は、iPhone 6/6 PlusおよびiOS 8が社内ネットワークに入り込む前に準備することが山積している。

「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」、読者プレゼント実施中!

iPhone 6(写真はシルバー)

TechTargetジャパンは、「iPhone」「iPad」といったiOS端末の業務利用に関する記事を集約したテーマサイト「iOS端末で会社は幸せになれる? 『iPhone』『iPad』の業務利用は“天国”か“地獄”か」を開設しました。本テーマサイトの開設を記念して、「iPhone 6 16GB ゴールド SIMフリー」を抽選でプレゼントします。

プレゼント申し込みはこちら


ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォーム...

news034.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年7月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news002.jpg

ロシアのbotファームがXを標的に虚偽情報を拡散 どうしてこうなった?
ロシアによる生成AIとソーシャルメディアを使った世論操作が活発化している。標的とされ...