iPadで「Microsoft Office」が使える日を迎える前に「iWork」無償化の中

業務利用という観点で、iPadに唯一欠けているもの、それは「Microsoft Office」だ。いまだにいつ登場するか分からない“本物”のiPad向けOffice。果たして、いつまで待つべきなのだろうか。

2013年10月11日 08時00分 公開
[Brian Madden,TechTarget]

 2010年に初代「iPad」が発売されるとすぐに、「iPad版のMicrosoft Officeはいつリリースされるのだろう?」という声が多く挙がった。当時、iPad向けのアプリはあまり多くなく、ビジネスシーンでの実績も乏しかった。それから3年、約1億5000万台の累計出荷台数に及ぶiPadは、今ではノートPCに代わり、多くの業務で利用されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news045.jpg

「現金で買い物」は少数派? 意外なポイントの使い道は? 調査で見えたお金への意識の変化
メットライフ生命保険が「全国47都道府県大調査 2024〜社会情勢の変化と将来への備え〜...

news100.png

どこどこJPに「匿名ネットワークアクセスレポート」が追加
Geolocation Technologyは、「どこどこJP」に新機能「匿名ネットワークアクセスレポート...

news093.jpg

先進ブランドは「AR」や「MR」をどう使っているのか(無料eBook)
リアルとバーチャルを融合した空間を創造する先端技術をマーケティング施策に取り入れる...