2022年05月02日 05時00分 公開
特集/連載

急速発展する「無線WAN」に企業が関心を寄せる理由本格普及期を迎えた「無線WAN」【後編】

テレワークの普及、5GやSDNなどのネットワーク技術の台頭が「無線WAN」の発展を促している。企業にとって無線WANとは何を意味するのか。なぜ企業は無線WANに関心を寄せるのか。

[Lee Badman,TechTarget]

関連キーワード

無線LAN | ネットワーク | 在宅勤務


 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)に伴い、世界中の企業が「無線WAN」(WAN:ワイドエリアネットワーク)に依存しなければならない状況になった。幸い、企業が無線WANに関して賢い選択をするための状況が整ってきている。

5GとSDNで発展する「無線WAN」

 「5G」(第5世代移動通信システム)が商用化して、通信事業者が通信インフラの刷新を進めている。それに伴って、通信のレイテンシ(遅延)が低減し、通信速度が高速化する可能性が高い。

 「SDN」(ソフトウェア定義ネットワーク)の技術を使ったネットワーク製品の中には、5Gを利用できるものもある。企業が自社の重要なネットワークとして、無線WANを活用しやすい状況ができてきている。そうした中で無線WANの用途が広がり、より多くの企業が無線WANに関心を示すようになると考えられる。

 無線WANベンダーのCradlepointは5Gルーターなど、企業が無線WANを使うための各種製品を提供している。同社に限らず他のネットワークベンダーも無線WANがもたらす商機に注目しており、企業向けの無線WAN製品は充実する見通しだ。

 企業にとって無線WANが役立つのは、支店や支社を立ち上げる場合、短期間のイベントを開催する場合などだ。有線のネットワーク構築が簡単ではない場所や地域であれば、企業はなおさら無線WANを重宝する。

 働き方の変化が起こり、5GやSDNといった技術活用が進む中で、無線WANが注目すべき分野の一つとして台頭してきたことは明らかだ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...