2014年07月24日 15時00分 公開
特集/連載

元Nokia社員の顔が曇ったMicrosoftの新モバイル戦略低価格帯のスマートフォンで市場シェアの引き上げを狙う

米Microsoftが先日、最大1万8000人に及ぶ人員削減を発表した。そのうち約1万2500人は、元Nokiaのデバイス&サービス部門が対象となる。同社は現在、大規模な戦略転換を進めている。同社の今後の動向が気になるところだ。

[Jeff Dunn,TechTarget]

 米Microsoftは2015年6月末をめどに、最大1万8000人の従業員を削減する。そのうち約1万2500人は、2014年4月に買収を完了したフィンランドNokiaのデバイス&サービス部門が対象となる。

Android端末のNokia Xシリーズが終了、Windows Phoneに集中

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...