元Nokia社員の顔が曇ったMicrosoftの新モバイル戦略低価格帯のスマートフォンで市場シェアの引き上げを狙う

米Microsoftが先日、最大1万8000人に及ぶ人員削減を発表した。そのうち約1万2500人は、元Nokiaのデバイス&サービス部門が対象となる。同社は現在、大規模な戦略転換を進めている。同社の今後の動向が気になるところだ。

2014年07月24日 15時00分 公開
[Jeff Dunn,TechTarget]

 米Microsoftは2015年6月末をめどに、最大1万8000人の従業員を削減する。そのうち約1万2500人は、2014年4月に買収を完了したフィンランドNokiaのデバイス&サービス部門が対象となる。

Android端末のNokia Xシリーズが終了、Windows Phoneに集中

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...