2014年03月11日 08時00分 公開
特集/連載

「MSはAndroidを全面的に採用すべき」、新CEOが求められる5つの決断Nokia製Androidスマートフォンは変化の兆しか

新CEOの就任で大きな変化フェーズに入った米Microsoft。クラウド事業の好調さの一方で、モバイル事業には課題が多い。新CEOが真っ先にすべきこととは。

[Jeremy Stanley,TechTarget]

 サトヤ・ナデラ氏のCEO就任により、コンピュータ業界最大手の米Microsoftは大きな転機を迎える(ナデラ氏は同社の3人目のCEOである。参考記事:「Nokia」「Surface」をどうする? 問われるMicrosoft 新CEOの決断力)。同社は依然として記録的な収益を上げており、2013年10〜12月期決算では過去最高の売上高を記録した。この新時代の中で同社の競争力を維持するために新しいCEOが取り組むべきことが5つある。

1. モバイルデバイス管理ソフトを強化する

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...