2014年10月07日 15時00分 公開
特集/連載

PayPalのインキュベータープログラム参加者が語る起業家が語るベンチャー苦闘物語、成長のきっかけはどこにある?

新興企業は、事務所の確保から優秀な人員の採用までさまざまな課題に直面する。米PayPalのインキュベータープログラム(事業育成制度)「Start Tank」ではどのようにこれらの課題を解決するのか。

[Kristen Lee,TechTarget]

 革新的なアイデアとそのアイデアを実現する勇気がある者には、幸運が訪れ、成功を手にするチャンスがもたらされる。しかし、起業したばかりの企業には、数々の試練が待ち受けている場合がほとんどだ。資金難はもちろん、安価な物件探しに奔走することになる。また、優秀な人材や出資者も見つけなければならない。これらの問題は、2014年7月中旬に米ボストンにあるPayPalの本社で開催された「Small Companies with Big Partners」イベントでパネルディスカッションに参加した米CO Everywhere、米Givewell Getwellおよび米Launch Angelsという3社の新興企業が明らかにしたものだ。

 これらの新興企業が他の企業と異なる点は、PayPalのインキュベータープログラム(事業育成制度)「Start Tank」に登録していることだ。

ベンチャーの苦労を軽減するには?

ITmedia マーケティング新着記事

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。