2020年11月20日 08時00分 公開
特集/連載

UX向上を実現する「Wi-Fi Vantage」がWi-Fi 6をサポートWi-Fiがさらに進化

シームレスな接続性やセキュリティ、混雑緩和など、Wi-Fiのユーザーエクスペリエンス向上を目的としたWi-Fi VantageがWi-Fi 6をサポートした。

[Joe O'Halloran,Computer Weekly]
iStock.com/Tonktiti

 Wi-Fi Allianceは、Wi-Fiエコシステムに参加する全企業を代表するコラボレーションフォーラムだ。そのWi-Fi Allianceが「Wi-Fi CERTIFIED Vantage」(以下Wi-Fi Vantage)認定プログラムの新機能を発表した。

 Wi-Fi Vantageは、

  • ネットワークアクセスの確立
  • 機器のオンボーディング
  • サービスへのアクセス
  • Wi-Fiネットワーク転送

の際に、信頼性が高く一貫性のある接続エクスペリエンスをユーザーに提供するとされている。

 Wi-Fi Vantageの最新版はWi-Fi 5とWi-Fi 6をサポートし、機器の効率と容量を向上させる。セキュリティプロトコル「WPA3」もサポートし、Wi-Fi CERTIFIED Enhanced Open(フリーWi-Fi用規格)によってオープンネットワークでの保護が向上した。

 Wi-Fi Vantageは一般消費者分野と企業の両方の、特に短い遅延時間と優れたモビリティーを必要とする部分に次世代のユースケースを提供する。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
ください(PDFをダウンロードします)。






ITmedia マーケティング新着記事

news089.png

中小企業のDX支援へ「HubSpot CRM」と「Eight 企業向けプレミアム」が機能連携
名刺情報をコンタクト情報と同期させることでユーザー企業は社員が個別に蓄積してきた名...

news065.jpg

「E-Waste」最新事情 国民一人当たりで最も多くの電子廃棄物を排出しているのは?
マーケターの頭の片隅を刺激するトピックをインフォグラフィックスで紹介。

news154.jpg

「不祥事によって購入・利用意向が下がる」 回答者の6割以上――ネオマーケティング調査
20〜69歳の男女1000人に聞いた、広報のリスク管理に関する調査の結果です。