2019年10月07日 08時00分 公開
特集/連載

ローカル5Gによるプライベートネットワーク実現の課題ローカル5Gの可能性【前編】

5Gの帯域を利用してプライベートネットワークを構築する「ローカル5G」が注目されている。ローカル5G実現の前に立ちはだかる課題とは何か。

[Rene Millman,Computer Weekly]

 5Gネットワークが現実になろうとしている。モノのインターネット(IoT)向けインフラなどの準備を目的に、「ローカル5G」に目を向け始めた企業もある。

 ローカル5Gは、基本的には5G技術を利用するワイヤレスLANで、自社の接続ニーズを満たすことを目的に専用の帯域とインフラを備えたネットワークを構築することを指す。

 プライベートネットワークは新しい概念ではない。そう語るのはVertiv Groupでヨーロッパ、中東、アフリカ地域(EMEA)のテクノロジーディレクターを務めるジョン・アボット氏だ。同氏によると、「プライベートLTE」は以前から存在するという。

 「5Gの成長の原動力は、その速度向上にある。ただし展開はまだ初期段階だ。当社はIndustry 4.0やスマートビル向けのモデルを実装する標準化団体の動きを見て、ローカル5Gが将来の基盤要素になると考えている」(アボット氏)

ローカル5Gの加速

 ローカル5Gの採用については判断が難しい。5Gサービスは始まったばかりで、ネットワークスライシングなどの関連技術はまだ進化の途上にある。

 だが、ローカル5Gの成長がこれまで促進されてきた大きな要因は、免許不要帯域が産業界に開放された点にある。

 プライベートネットワークの人気が高まっているもう一つの要因は、ネットワーク要素の仮想化だ。ワイヤレスコンサルティング企業Vilicomのルイ・イナシオ氏は次のように話す。「ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)が現実になり、商用オフザシェルフ(COTS:Commercial Off-The-Shelf、既製品)サーバがソフトウェアを実行できるようになった。これにより、特殊な(そして非常に高価な)ハードウェアの必要性が減っている」

 「その結果、業界の参入障壁が低くなり、中小規模のIT企業がモバイルネットワーク界を刷新し、混乱を引き起こすことを可能にしている」

帯域の課題




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

新型コロナ接触確認アプリ プライバシーと感染抑止の間で揺れ動く各国の対応
欧米では新型コロナ「第2波」への危機感が高まっています。主要国における接触確認アプリ...

news163.jpg

2020年米国ホリデーシーズンショッピング、オンライン売上高が過去最高に――Adobe予測
Adobeはホリデーシーズンの米国におけるオンライン売上高が1890億ドルになると予測してい...

news170.jpg

自撮り写真の加工はメイク? 整形?――ByteDance「Ulikeユーザー白書」
ナチュラルに盛れると人気のカメラアプリ「Ulike」のユーザー調査。もっとも、カメラアプ...