2019年10月15日 08時00分 公開
特集/連載

Wi-Fiでも5Gでもない選択肢Li-Fiによる広域&屋内ワイヤレスブロードバンドの実現

英グレインセイ島は、老朽化した有線回線の代わりに光無線技術「Li-Fi」によるワイヤレスブロードバンドサービスを導入した。屋内だけでなく「ラストワンマイル」の接続にも利用している点に注目だ。

[Alex Scroxton,Computer Weekly]

https://www.computerweekly.com/news/252469006/5G-testbed-brings-Li-Fi-broadband-to-Orkney

Wi-Fiでも5Gでもない選択肢

Li-Fiによる広域&屋内ワイヤレスブロードバンドの実現

英グレインセイ島は、老朽化した有線回線の代わりに光無線技術「Li-Fi」によるワイヤレスブロードバンドサービスを導入した。屋内だけでなく「ラストワンマイル」の接続にも利用している点に注目だ。

Alex Scroxton

 グレインセイ島の住人はこれまでもブロードバンドサービスに接続できていた。だが混雑が起こりやすい銅線ネットワークしかなく、速度は2Mbpsがやっとだった。

 これにLi-Fi技術を組み合わせることで、データ転送速度が一貫して4倍速くなったと5G RuralFirstチームは話す。Li-Fi技術は、高速かつ安全にエネルギー効率良くデータを転送するために光を使う。

 グレインセイ島に19世紀に建てられた2基の灯台の1基を中央通信ハブとし、家庭用の太陽光パネルを受信器、赤外線レーザーを送信器に使ってラストワンマイルを屋外Li-Fiが担う。

 家庭内では、LED電球とその光を受信するUSBドングルから成る屋内Li-Fiがワイヤレスネットワークを確立する。

 エディンバラ大学でLi-Fi研究開発センター長を務め、スピンアウト企業pureLiFiのCSO(Chief Scientific Officer:最高科学責任者)を兼ねるハラルド・ハース氏は次のように語る。「グレインセイ島で島民と企業をつなぐのは銅製の固定電話回線のみなので、接続性をアップグレードするのは複雑な位置付けにある。だがLi-Fiを使えば手頃な価格のラストワンマイル接続と屋内高速ワイヤレスネットワークの2つが実現する」

Wi-Fiをしのぐメリット

 2011年にLi-Fiを開発してこの新語を生み出したのはハース氏だ。同氏をはじめとするLi-Fiの支持者は、Li-FiにはWi-Fiに勝るメリットが多数あると考えている。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...