2019年10月16日 08時00分 公開
特集/連載

ペネトレーションテスターは信頼できるのか問題のあるペンテスターも

システムを実際に攻撃して脆弱性がないかどうかを調べるペネトレーションテスト。セキュリティの強化に有効ではあるが、ペネトレーションテスターが公開する情報が攻撃者に悪用されているという。

[Cliff Saran,Computer Weekly]

 ペネトレーションテスト(ペンテスト)は、企業セキュリティの脆弱(ぜいじゃく)性の特定を目的とする。だがペンテストの担当者(ペンテスター)が使うツールやテクニックをハッカーが積極的に悪用しているとBlackBerry Cylanceが警告している。

 BlackBerry Cylanceのレポート「Thin Red Line: Penetration Testing Practices Examined」(注意:ペンテスト手法の検証)は「ペンテストサービスを提供する20社以上の企業をレビューしたところ、実際にはプライバシーと機密性の点で顧客にリスクをもたらしているという結論に至った」と述べている。

 同社の調査で、OSの組み込み保護機能やウイルス対策ソフトウェアなどの迂回(うかい)方法をペンテスターが公開している事例が大量に見つかった。レポートは次のように警告している。「その直後から、数多くの攻撃者がこうした迂回方法を取り入れているのを見つけている。どうやら、こうした事例はセキュリティ企業と開示の調整をせずに行われているようだ」

 レポートは、さらに恐るべき事実を指摘している。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...