2019年10月21日 08時00分 公開
特集/連載

ローカル5Gが効果的な使い道ローカル5Gの可能性【後編】

ローカル5Gはさまざまな分野で活用されるだろう。中でも特に有望で効果的なユースケースとは何か。そしてローカル5Gは今後18カ月の間にどのような展開を見せるのだろうか。

[Rene Millman,Computer Weekly]

 前編(Computer Weekly日本語版 10月2日号掲載)では、ローカル5Gを巡る環境の整備とローカル5G実現の課題を解説した。

 後編では、ローカル5Gの有望なユースケースやローカル5Gに関する今後18カ月の展望を紹介する。

テスト時間

 5G時代はまだ始まったばかりだ。商用5Gをリリースしている機器メーカーもほんのわずかだ。5Gがその潜在能力を発揮するには、開発、テスト、配備というロードマップを経なくてはならない。イナシオ氏によると、現在導入されている標準バージョン(非スタンドアロン構成)はこのロードマップの最初のステージにすぎないという。

 同氏は、プライベートネットワークの興味深い研究例として、英国政府が後援する「5G Testbeds and Trials」プログラムや、大学のコンソーシアムによる実装を挙げている。

 革新的な企業がこうしたテストベッドを利用して、ネットワークスライシング、完全な「ソフトウェア化」、サービス指向アーキテクチャ、APIとしてのWebサービスの提供など、独特の5G機能からメリットを得るアプリケーションの開発とテストを行っている。

 「こうしたテストの結果として開発されるのが、5Gの標準機能と特性をネットワークアーキテクチャに取り入れたアプリケーションになる。こうしたアプリケーションが、スマートシティー、地方の接続性、スマートツーリズムなど、さまざまなユースケースにおけるソフトウェアとハードウェアの進化を支える」(イナシオ氏)

ユースケース

 ローカル5Gにはセキュリティ、プライバシー、制御、柔軟性という特性がある。これらを活用するのがネットワークスライシング、広帯域幅、低コスト、低レイテンシといった要素だ。

 ユースケースが幅広いのは当然で、最も大きなユースケースの一つは疑いなくオートメーションとIoTだろうとTCSのバダーダ氏は話す。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。