2018年05月08日 08時00分 公開
特集/連載

Computer Weekly製品導入ガイド5G時代のネットワーク戦略

クラウドベースのワークロードには高い柔軟性が要求される。企業がそれに対応するためには、WAN戦略をどう見直すべきなのか。その鍵を握るのが5Gだ。

[Rene Millman,Computer Weekly]

 クラウドベースのワークロードが増え続ける中で、エンタープライズWANには一層のアジャイル性と柔軟性が求められている。

 そうしたアジャイル性と柔軟性は、最新のソフトウェア定義WAN(SD-WAN)に盛り込まれている。だがそれは、次世代技術について企業が戦略の再考を求められることを意味する。

 現代のエンタープライズエコシステムにおける主要ネットワーク全てにいえることだが、次世代のWANはソフトウェア定義性が一層高まる。「われわれは既に、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)技術がWANに与える多大な影響を目の当たりにしている。SD-WANサービスが開始され、今や広範に使われるようになった」。Verizonの製品戦略担当副ディレクター、オリバー・カンター氏はそう語る。「このトレンドは今後も加速する見通しだ。SDプラットフォームを通じてWANを管理するプロセスは、一層の成長が見込まれる」

恩恵を解き放つ

 カンター氏によると、当面はビジネスおよび顧客の需要に応じてSD-WANのメリットを活用することの重要性は明白で、成長も著しい。「加えて、WANの調達モデルや契約モデルは、CAPEX(設備投資)よりもOPEX(運用経費)に照準を合わせたユーティリティーベースモデルや、従量制の月額ライセンス方式へと進化するだろう」と同氏は予想する。

 次世代ネットワークが必要とされる背景にあるのが多様性だ。




続きを読むには、[続きを読む]ボタンを押して
会員登録あるいはログインしてください。






ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。

news076.jpg

LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる...