5GともWi-Fiとも違う「プライベート5G」“導入手順”といまさら聞けない利点プライベート5Gと無線LANを比較【後編】

主要無線ネットワークの選択肢の中で、検討を重ねた上で「プライベート5G」を導入すると決断したなら、次は正しい導入方法を理解する必要がある。そのポイントと、プライベート5Gの利点とは何か。

2024年04月01日 07時30分 公開
[Lee BadmanTechTarget]

 無線技術には「4G」(第4世代移動通信システム)や「無線LAN」(Wi-Fi)など幾つかの選択肢がある。「5G」(第5世代移動通信システム)を自営網として運用する「プライベート5G」は、企業のネットワークに新たな選択肢をもたらす強力な技術だが、導入には慎重さが求められる。

 ネットワーク要件や利用できるデバイスなどを検討した結果、プライベート5Gを導入すると決めたなら、正しい導入方法を実践する必要がある。プライベート5Gの導入前にはどのような点を検討すればいいのか。通信事業者の5Gとの違いと併せて押さえておこう。

「プライベート5G」“導入手順”といまさら聞けない利点とは?

 プライベート5Gのネットワーク構築においては、規模や設計にかかわらず、以下のステップが必要だ。

  • 1.ネットワークの要件と使用範囲を定義する。
  • 2.要件を満たすクライアントデバイスを特定する。
  • 3.サービスプロパイダーを見つける。提案依頼をすれば、システムインテグレーターやプライベート5G専業ベンダーなどから回答が集まるはずだ。
  • 4.ネットワークを設計する。ベンダーの選定プロセスの前でも後でもよいが、システム構築の重要なマイルストーンとなる。
  • 5.物理層(フィジカル層)を構築する。
  • 6.システムを起動する。
  • 7.プライベート5Gネットワークを他のネットワークと統合する。
  • 8.テストとチューニングを実施する。

 地理的な場所によって無線ネットワークの要件は異なる。プライベートネットワークは単純な図面でまとめられる傾向にあるが、複数の要因が絡まって複雑化してしまうこともある。

 例えば、プライベート5Gの無線アクセスネットワークは、基地局を構成する各種デバイスや、それらを結ぶケーブルで形成する。これらを丁寧に組み上げても、WANやインターネットへの接続が貧弱だと期待したネットワークにはならなない。

 既存のネットワークとの連携をする場合は、スイッチングやルーティング、セキュリティなどの項目を組織の要件に合わせてカスタマイズすることになる。

 通信事業者の5Gを利用するという方法もある。あるいは、通信事業者の5Gとプライベート5Gを組み合わせた「ハイブリッド5G」という構成も考えられる。通信事業者の5Gを利用すれば手軽に5Gのメリットを享受できる可能性がある半面、カバーエリアは自社でコントロールできない。

 一方、プライベート5Gは費用対効果に優れたサービス提供モデルが確立すれば、企業の採用が加速して、ますます導入が容易になると期待できる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

天候と位置情報を活用 ルグランとジオロジックが新たな広告サービスを共同開発
ルグランとジオロジックが新たな「天気連動型広告」を共同開発した。ルグランが気象デー...

news130.jpg

“AI美女”を広告に起用しない ユニリーバ「Dove」はなぜそう決めたのか
Unilever傘下の美容ケアブランド「Dove」は、「Real Beauty」の20周年を機に、生成AIツー...

news099.png

有料動画サービス 34歳以下では過半数が利用経験、4割は1日1回以上利用
「ニールセン・ビデオコンテンツ アンド アド レポート 2024」を基に、テレビ画面での動...