「iPhone」や「Android」でテザリングするならスマホの“あれ”に要注意スマホでテザリングをする方法【後編】

スマートフォンやタブレットをホットスポットにするテザリング機能は便利だが、注意すべき点もある。具体的な利用方法と併せて解説する。

2024年03月16日 08時30分 公開
[Will KellyTechTarget]

 スマートフォンやタブレットといったデバイスの「テザリング」機能を利用することで、デバイスをモバイルホットスポットにすることができる。モバイルホットスポットは便利だが、同じくインターネット接続のために使える無線LANとは異なり、テザリングをするなら幾つか注意すべき点がある。

「iPhone」や「Android」でテザリングする場合の注意点

 企業が従業員にモバイルホットスポットの利用を許可する場合は、セキュリティやデータ通信によるコストなどを管理する必要がある。加えて、利用している通信事業者のプランにも注意を払わなければならない。

 モバイル回線を提供する通信事業者のプランによっては、モバイルホットスポットを利用できないことがある。通信事業者のAT&TとT-Mobileは基本的にテザリングを許可しているが、一定のデータ通信量を超えると、通信速度に制限が掛かることがある。Verizon Communicationsの一部プランはモバイルホットスポットの利用に追加料金が必要となる。ユーザーは、自身が利用する通信事業者のカスタマーポータルにアクセスすれば、必要に応じてデバイスをホットスポットとして利用できるようプランをアップグレードできる可能性がある。

 自社のモバイルデバイス管理(MDM)ポリシーによっては、ユーザーが使用するモバイルホットスポットを自身で設定、構成する十分な権限が与えられていないことがある。その場合は自社の管理者に連絡して機能の開放を要請しなければならないだろう。

iPhoneでのホットスポットの設定

 iPhoneでモバイルホットスポットを手作業で設定するには、「設定」「インターネット共有」の順に移動する(画面1)。次に「ほかの人の接続を許可」を選択する。この画面には、ホットスポットのパスワードを変更するオプションもある。

画像 画面1 iPhoneでWi-Fiホットスポットの利用を開始するための「ほかの人の接続を許可」画面

Androidデバイスでのホットスポットの設定

 Android搭載スマートフォンでモバイルホットスポットを手作業で設定するには、「設定」「ネットワークとインターネット」「アクセスポイントとテザリング」の順に移動する(画面2)。この設定の場所は、Androidのバージョンによって異なる可能性がある。次に「Wi-Fiアクセスポイント」をタップして、「ON」に切り替える。この画面には、セキュリティを強化するためにパスワードを設定するオプションもある。

画像 画面2 Androidデバイスでホットスポットを設定する「ネットワークとインターネット」画面

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

GoogleのBIツールからLINEにノーコードでデータ連携 primeNumberが「trocco action for Looker」を提供
primeNumberが「trocco action」の提供を開始。第一弾としてGoogleのBIツール「Looker」...

news145.jpg

女子スポーツが生み出す収益は2024年に10億ドル以上 広告主や大手広告代理店も本気に
WPP傘下の大手メディアエージェンシーGroupMは、AdidasやUnileverなどのクライアントの支...

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年4月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。