2023年08月17日 05時15分 公開
特集/連載

Vodafoneが「経営統合」と「5G SA」で描く未来5Gの経済効果を分析する【後編】

Vodafone UKの調査では、英国人が5Gによって医療や公共、鉄道などの領域で変革を期待していることが分かった。同社は5Gを活用した未来の社会像も発表しており、5Gによりイノベーションを起こせるとアピールする。

[Joe O’HalloranTechTarget]

 通信事業者のVodafone UKの発表によれば、英国民は人工知能(AI)技術よりも「5G」(第5世代移動通信システム)の方が、日常生活を改善できると期待している。英国民が5Gによる変革を期待する領域は、医療、エネルギーや水道などの公共事業、鉄道などだ。

 今回の5Gについての調査結果を発表する前に、Vodafone UKは英国の通信事業者であるThree UKとの事業統合の発表と、インフラを5Gのみで構成する5G SA(スタンドアロン)によるブロードバンドサービス「Vodafone 5G Ultra」を発表していた。Vodafone UKとThree UKの統合が実現すれば、英国内で最大手の通信事業者が誕生する見込みだ。Vodafone UKは、5Gの活用が広がる社会をどのように描いているのか。

Vodafone UKの「経営統合」と「5G SA」で何が変わる?

 コアネットワークに「4G」(第4世代移動通信システム)を利用する「ノンスタンドアロン」(NSA)構成に比べて、コアネットワークも5Gで構成するSA構成はデータ伝送速度などの通信品質が改善される。

 SA構成のVodafone 5G Ultraによって、より日常生活を便利にできるとVodafone UKは強調する。「Three UKとの統合は英国のデジタル投資を加速させる。Vodafone 5G Ultraは日常生活がいかに変わるかを示す。これらを共に推進することで、イノベーションを迅速に広範囲で実現できる」とVodafone UKのCEOであるアーメド・エッサム氏は語る。

 Vodafone UKは5Gが導入された社会の青写真を示す「Vodafone's Digital Society Blueprint」も発表した。以下のような分野における活用例が盛り込まれている。

  • スマート変電所
  • 英国の鉄道の位置情報分析サービス
  • 5Gに接続した救急車
  • MRI(磁気共鳴画像法)データの遠隔共有

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

日本の営業担当者は1日にあとどのくらい顧客と接する時間が欲しい?――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...