米名門大学が「プライベート5G」を導入 CBRSで何が変わった?教育機関におけるユビキタスな接続【前編】

ワシントンD.C.にあるハワード大学は、キャンパスに「市民ブロードバンド無線サービス」(CBRS)を利用する「プライベート5G」を導入した。何が変わったのか。

2022年08月31日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 ハワード大学(Howard University)は1867年創立の私立大学だ。歴史あるキャンパスは、ワシントンD.C.北西部の丘の上にあり、米国議会議事堂から2マイルの場所に位置する。同校の学生は140以上の分野で研究を進め、学士や大学院の学位取得を目指す。同校のアフリカ系アメリカ人の博士号取得者数は、米国内の大学でトップクラスを誇る。

 米国では、政府が3.5GHzの周波数帯を「市民ブロードバンド無線サービス」(CBRS)として民間に開放している。ハワード大学はこの周波数帯を使い、大学のキャンパスに「5G」(第5世代移動通信システム)のプライベートネットワークである「プライベート5G」を導入した。

キャンパスに「プライベート5G」導入 何が変わった?

 「利用したいときに場所を問わずに利用できる、ユビキタスな接続の要求が学生たちの間で増えている」とハワード大学は説明する。同校は、デジタル教材の利用推進だけでなく、セキュリティと信頼性を確保できるネットワークを、キャンパス全体に導入することが必要だと考えている。

 ハワード大学はこれを実現するため、システムインテグレーターAmdocsと電子機器ベンダーSamsung Electronics(以下、Samsung)に、CBRSを利用するプライベートネットワークの導入を依頼した。

 CBRSの3.5GHz帯は、電波が安定して広範囲に届く特性があるため、組織がプライベート5Gを導入する際の候補になりやすい。例えばネットワークサービスが行き届かない地域の消費者や企業へ無線ブロードバンドを提供するために、CBRSを利用する例がある。

 ハワード大学はCBRSを利用したプライベート5Gを導入することで、以下を実現した。

  • セキュリティの確保
  • データ通信の高速化と低遅延化

 同校のキャンパスを利用する6000人以上の学生や教員、地域住民がこのネットワークを利用している。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...