西シドニーで進む都市開発 新型「ONU」で実現するスマートシティーとは光ファイバーで加速する都市開発【後編】

公営のブロードバンド事業者であるNBN Coは、都市開発を進めるために光ファイバーだけでなく、さまざまなサービスやツールを提供している。西シドニーではどのような都市開発が進んでいるのか。

2023年05月16日 05時15分 公開
[Aaron TanTechTarget]

 西シドニー国際空港(Western Sydney International Airport)のCEOであるサイモン・ヒッキー氏は、同空港を「デジタル技術を駆使して優れた運営効率を実現する空港」にすることを目指している。ヒッキー氏によれば、公営ブロードバンド事業者NBN Coとの契約はそのビジョン実現に貢献する。

NBN Coがビジネス向けに整備するブロードバンドとは

 NBN Coの光ファイバーネットワークは、デベロッパー(不動産開発事業者)が西シドニーでスマートシティー開発を加速させるための土台になると期待されている。

 西シドニーには、ビジネス用に光ファイバーが整備された23個のエリアがある。「企業は有線ネットワークの通信技術である『イーサネット』や、10Gbpsに近いデータ転送速度、24時間365日で稼働するサポートセンターを利用できる」。NBN Coの新規開発担当エグゼクティブゼネラルマネジャーを務めるアンドリュー・ウォルシュ氏はそう説明する。

 快適なブロードバンド環境を実現するための各種サービスを強調するNBN Co。特に同社が自信を見せるのは、新型の光回線終端装置(ONU)の「nbn Smart Places」だ。

 nbn Smart Placesは、屋外など従来は光ファイバーネットワークの利用が難しかったエリアにも光ファイバーネットワークを延長できる。信号機、CCTV(ケーブルテレビ)、スマートポール(ネットワークに接続してさまざまな機能を提供する電柱)、デジタル掲示板、公衆無線LAN設備にブロードバンドサービスを提供することができるという。

 「nbn Smart Placesは『Bradfield City Centre』のようなスマートシティーやスマートビルを開発するために重要だ」とウォルシュ氏は述べる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...