「遅いネット通信」「水漏れ」の2大欠陥に悩む英国の“苦渋の決断”ブロードバンドに賭ける英国の試み【前編】

英国は高速通信を国内に行き渡らせるために、水道管を使って光ファイバーを敷設することを計画している。一見変わったこの計画を打ち出した英国が抱える事情とは。

2021年12月15日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 英国政府はブロードバンド(広い帯域幅によるデータ通信)と携帯電話サービスの提供エリアを拡大するインフラ戦略を打ち出している。2025年までに英国国民の85%が「ギガビット」級のインターネット接続を利用可能にする、という具体的な目標を設定している。そのために英国が採用を検討しているのが、水道管を使って光ファイバーを敷設することだ。以前から似た議論は何度も登場している。この取り組みは成功するのだろうか。

「遅いインターネット」と「水漏れ」の同時解消を狙う英国

 固定ブロードバンド事業者と携帯電話事業者は英国で、ギガビット級のブロードバンドサービスに注力している。携帯電話事業者は「5G」(第5世代移動通信システム)の普及にも着手している。しかし十分に通信サービスが行き渡っていないことも事実だ。

 通信事業者と英国政府は、都市から離れた地域にも「4G」(第4世代移動通信システム)を行き届かせる「農村共用ネットワーク」(SRN)の構築を進めている。これは、英国の農村地域では高速な通信サービスを利用できないという事実を反映している。英国では約20万戸もの世帯が、10Mbpsに満たないデータ伝送速度の通信サービスを利用している。英国情報通信庁(Ofcom)によれば、「高速通信」は10Mbps以上を指す。

 この状況を改善するため、英国政府は光ファイバーを敷設するコスト効率の高い方法を探している。道路や農地を掘り起こし、新しい配管や電柱を設置するには多額の土木工事コストがかかる。英国政府は、その土木工事コストがブロードバンドを普及させる事業全体の5分の4を占める可能性があると試算している。

 SRNの事業で、英国は光ファイバーの敷設だけではなく、水道管の水漏れを抑止する対策も講じる。英国における水漏れの量は、水道の全供給量の20%にも上る。この対策として、英国政府はインターネットに接続するセンサーを配水管に設置する工事を視野に入れている。センサーを設置することで、水道会社は水漏れの箇所を特定して配水管を修理可能になる。

 英国でデジタルインフラ大臣を務めるマット・ワーマン氏は、農村地域にブロードバンドを提供する際の最大の障害は、道路や農地の掘り起こしにかかるコストだと指摘している。そこで英国政府は、英国国内に既に行き届いている水道管を使って、ブロードバンドの提供と水漏れ抑止という2つの目標を同時に達成しようとしている。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

メッシやベリンガム、ヴィルツも登場 アディダスが世界で展開する豪華過ぎるサッカー推しキャンペーンの中身
Adidasが夏のサッカーシーズンに向けて新キャンペーンを世界各地で展開する。デビッド・...

news058.jpg

Web広告施策に課題を感じている企業は9割以上――リンクアンドパートナーズ調査
企業のWeb広告施策を推進している担当者約500人を対象に、課題と今後の取り組みについて...

news183.jpg

TikTokマーケティングの最適解へ スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団M2DKと業務提携
スパイスボックスが縦型動画クリエイター集団であるM2DKと業務提携。生活者に向けて訴求...