英国AmazonがVisaクレカの取り扱いを停止、理由は「手数料が高過ぎる」一般消費者への影響は「ほとんどない」?

英国のAmazon.co.ukでは2022年1月19日から、英国発行のVisaクレジットカードが利用できなくなる。Visaはこの決定を批判するが、アナリストは「一般消費者への影響は少ない」とみる。その理由は。

2021年12月14日 05時00分 公開
[Karl FlindersTechTarget]

関連キーワード

Amazon | eコマース


 Amazon.com(以下、Amazon)の英国サイト「Amazon.co.uk」は、英国で発行された「Visa」ブランドのクレジットカード支払いの取り扱いを2022年1月19日(現地時間)に停止する。この方針変更は、Visaブランドのデビットカードの利用には影響しない。クレジットカード決済で過大な取引コストがかかっているという認識から、この変更方針に至ったとみられる。理想を言えばクレジットカード決済の取引コストは下がるのが望ましいが、現実の取引コストは上昇し続けているという。

 顧客に対してAmazon.co.ukが送った案内メッセージの中には、次のような一文が記載されていた。

残念ながら2022年1月19日から、英国で発行されたVisaクレジットカードはご利用いただけなくなります。Visaがクレジットカード取引の処理に高額な手数料を課しているためです。お客さまは引き続きデビットカード(Visaデビットカードを含む)と、Mastercard、Amex、EurocardといったVisa以外のクレジットカードをお買い物にご利用いただけます

「Visaは手数料が高過ぎる」と英国Amazon、その判断を批判するVisa

 Amazon.co.ukは案内メッセージで顧客に、サブスクリプションサービス「Amazon Prime」(Amazonプライム)など、同社のあらゆるサービスへの支払い方法を更新するよう求めた。これに対してVisaは失望の意を表明し「Amazon.co.ukは消費者の将来の選択肢を制限しようとしている」と非難した。

 Visaの広報によると、英国の買い物客は現在とホリデーシーズン(11月下旬の感謝祭から1月初旬までの時期)を通じて、VisaのデビットカードとクレジットカードをAmazon.co.ukで使える。「われわれはAmazon.co.ukと長期的な関係を築いている」とVisa広報は主張。「Visaのカード利用者が2022年1月以降もAmazonに制限されることなく、自分の好きなVisaクレジットカードをAmazon.co.ukで使えるように、引き続き問題解決に取り組む」と意気込む。

 調査会社Bloor Research Internationalのチーフアナリストであるデビッド・バニスター氏は、Amazon.co.ukからのメッセージを受け取ったときは「驚いて、てっきり詐欺メールかと思った」と語る。ただし「小売業者がコストを理由に、特定のカードによる支払いを拒否するのは、それほど珍しくない」という見解だ。

 コンサルティング会社Celentの金融サービスアナリストであるガレス・ロッジ氏も、このニュースに「驚いた」と語る。小売業者(大抵は小規模な業者)が特定のクレジットカードを扱わないのはよくあることだが「世界最大級の小売業者が、クレジットカード決済市場で高いシェアを誇るカードの支払いを受け付けなくなるのは、非常に驚きだ」とロッジ氏は指摘する。

 金融情報サイト「Family Money」を運営するRigstone Capitalのパーソナルファイナンス専門家、ピーター・キンプトン氏は「Visaクレジットカードの取引手数料は高いので、Amazon.co.ukが使用を停止することに不思議はない」と語る。Amazon.co.ukは市場のリーダーだが、オンラインショッピングのライバル企業や、小規模企業に対する競争力を維持する必要があるからだ。「人々は小規模企業を積極的に支援しようとしている。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)後は、その動きはさらに広がる」(キンプトン氏)

 Amazon.co.ukはできるだけ安い価格を商品に設定し、それでも利益を出せるようにする必要がある。そのため「まず取引手数料を抑えようとするのは理にかなっている」とキンプトン氏は考えている。

 Visaは「Amazon.co.ukは消費者の選択肢を制限しようとしている」と批判しているが、キンプトン氏は「これは特に問題にならない」と考えている。一般消費者は複数のクレジットカードや複数のデビットカードを持っていることが珍しくないからだ。「この変更のせいでAmazon.co.ukが売り上げを落とすことはないと考えられる。他の大手小売業者が追随する可能性すらある」とキンプトン氏は予想する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製

品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。