2021年12月13日 05時00分 公開
特集/連載

iPhone「児童ポルノスキャン」計画で露呈したAppleの“見通しの甘さ”とはAppleの児童ポルノ対策が抱える問題【第3回】

「iPhone」への導入が計画されている画像の自動スキャン機能は、人々のプライバシーと安全を脅かす可能性があると専門家は指摘する。批判対象となっているAppleの“見通しの甘さ”とは。

[Duncan Campbell,TechTarget]

関連キーワード

Apple | データ分析 | iPhone | 脆弱性


 Appleは、スマートフォン「iPhone」内の画像を自動スキャンして児童ポルノがないかどうかを確認し、Appleや法執行機関に報告する機能の実装を計画している。この機能に対して複数の専門家が疑問の目を向けている。

 「実装後すぐに画像スキャン機能が転用されることはない」と述べるAppleの見通しの甘さを、専門家チームは批判する。「『技術的な制限がある監視システムは、規約に沿って利用される』というのは、多くの点で幻想にすぎない」というのが専門家チームの見解だ。

専門家が指摘するAppleの“見通しの甘さ”の正体

 違法な児童ポルノを発見する目的で画像スキャン機能を実装したとしても、「利用目的の拡大を求める圧力がかかる」と専門家チームは予想する。Appleはこうした圧力に押され、「自らが作ったプライバシーと安全を破壊する機能を制御できなくなる」と専門家チームはみる。

 Appleは既にそうした圧力に屈しているとの見方がある。例えば中国のApple製品ユーザーがオンラインストレージサービス「iCloud」に保存しているデータを、中国の国営企業の管理下にあるデータセンターに移した。ロシアのApple製品ユーザー向けアプリケーションストアから、投票アプリケーション「Navalny」を削除したことも一例だ。

 専門家チームは、Appleが提案する画像スキャン機能のような強力な機能をクライアントデバイスに導入するのは「致命的な誤りだ」と強調する。国家、犯罪者、ギャング、ITに詳しいティーンエージャーといったさまざまな攻撃者またはその“予備軍”が、いたずらや詐欺などに機能を悪用する恐れがあるからだ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

2021年の炎上発生件数は1766件、前年対比24.8%増――「デジタル・クライシス白書2022」
2021年のデジタル・クライシス(ソーシャルメディアを中心としたネット上で発生した危機...

news029.jpg

若者のインスタ離れを食い止めるためにMetaが下した「古参ユーザー切り捨て」の決断
Metaの若者文化への主要な接点であるInstagramは現在、反撃を目指している。メタバースへ...

news129.jpg

2022年のEC売り上げ、6割が「伸びる」と予測――フューチャーショップ調査
コロナ禍でも拡大し続けるEC、ポイントは口コミSNSの活用にありそうです。