2021年12月15日 05時00分 公開
特集/連載

「Zoom」も「Teams」も利用不可に 大学がサイバー攻撃で受けた被害とは狙われる教育機関 その理由と対策【前編】

サイバー攻撃を受けた英国のハートフォードシャー大学では、教育や研究に必要なさまざまなシステムが利用できなくなった。その広範な影響範囲は。

[Alex Scroxton,TechTarget]

関連キーワード

サイバー攻撃 | 教育IT


 教育機関を標的としたサイバー攻撃が相次ぐ中、英国のハートフォードシャー大学(University of Hertfordshire)も被害を受けた。この攻撃により、同校のシステムは停止した。

 BBC(英国放送協会)の報道によると、ハートフォードシャー大学のネットワークへの攻撃は、2021年4月14日22時(現地時間)ごろに始まった。攻撃を受けて、同校のIT部門はサービスの復旧に取り組んだ。

サイバー攻撃を受けた英大学、その大きな影響範囲は

 利用不能なサービスの一覧は当時、ハートフォードシャー大学のサービス状況ページで確認できた。少なくとも以下サービスが一時的に利用できなかった。

  • 大学が提供するシステムへのログインおよびパスワードサービス
  • 学生に関する記録
  • 学生向け学習サービス
  • オフィススイート「Office 365」(ユニファイドコミュニケーションシステム「Microsoft Teams」を含む)
  • Web会議サービス「Zoom」
  • 大学キャンパスのネットワーク(無線LANを含む)
  • キャンパス外におけるVPN(仮想プライベートネットワーク)接続
  • ストレージ
  • 職員のメール

 英国では以前から国家サイバーセキュリティセンター(NCSC:National Cyber Security Centre)が、小中学校や高等学校、大学などの教育機関を狙った攻撃の増加を警告していた。同センターによると、特にランサムウェア(身代金要求型マルウェア)による攻撃が活発化している。


 後編は、教育機関がサイバー攻撃の標的になる理由を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

営業デジタル化を加速するクラウド顧客獲得ツール「nocoセールス」でできること
営業の人的リソースが足りない組織が短いサイクルで顧客を効率的に獲得する仕組みを作る。

news007.jpg

富士通の「デジタルセールス」が目指すこと
この連載のタイトルにあるように、富士通はインサイドセールスのことを「デジタルセール...

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...