2016年05月09日 08時00分 公開
特集/連載

現役大学生と先生が議論、「学校IT活用」の理想像とは?本音で議論、学生×教員IT活用座談会【第4回】(1/2 ページ)

メリットも課題もある教育機関のIT活用。こうした中、教育機関は今後どのようにIT活用を進めていくべきなのか。玉川大学とデジタルハリウッド大学の教員と学生による座談会から探る。

[為田裕行,教育ICTリサーチ]

関連キーワード

教育IT | iTeachers | 教育


座談会の様子 先駆的なIT活用校の学生と教員が、今後のIT活用の在り方を議論《クリックで拡大》

 先駆的なIT活用校の教員と学生による座談会の模様を紹介してきた本連載も、いよいよ今回で最終回。今回は第3回「『LINEで先生とやりとり』『ネット利用禁止』は是か非か? 現役大学生の意見は」までの議論を踏まえつつ、教育機関の今後のIT活用はどうあるべきかを議論する。

 教育現場へのIT活用を実践する教育者チーム「iTeachers」のメンバーである玉川大学 准教授の小酒井 正和氏、デジタルハリウッド大学 准教授(現在はデジタルハリウッド 講師)の栗谷幸助氏の教員2人と、その教え子である玉川大学の大武小夏さん、デジタルハリウッド大学の片岡花絵さんの学生2人による議論の様子をお届けする。

パネリスト(所属・役職は取材時)

参加者

大武小夏さん 玉川大学 工学部 マネジメントサイエンス学科 3年(現在は4年)

片岡花絵さん デジタルハリウッド大学 デジタルコミュニケーション学部 3年(現在は4年)

小酒井 正和氏 玉川大学 工学部 マネジメントサイエンス学科 准教授

栗谷幸助氏 デジタルハリウッド大学 准教授(現在はデジタルハリウッド 講師)

モデレーター

小池幸司氏 教育ICTコンサルタント


ITで気軽に発言できる環境を

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news111.jpg

NECが取り組む営業のデジタルシフト 「会えば何かが起こる」から「先に課題を提示できる」営業へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大に伴い企業活動の在り方も大きな変更を迫られ...

news137.jpg

「メディアの伝えることの信頼性が気になった」65.1%――博報堂DYメディアパートナーズ調査
「緊急事態宣言解除後のメディア接触調査」の結果から見えてきた3つのこととは。

news055.jpg

外出自粛による「孤立感」は案外低く「所有意向」は上昇 新型コロナによる意識変化――日本テラデータ調査
新型コロナウイルスと関連した消費者の不安、不自由、孤立、情報について日本の消費者を...