2015年05月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「iTeachersカンファレンス 2015」リポートタブレットがあれば「パソコン室」は不要? 教育ITの先駆者が本音で議論

IT活用教育の先駆者チーム「iTeachers」が開催した教育関係者向けイベント「iTeachersカンファレンス 2015」では、メンバーが教育ITの課題や疑問を議論した。その様子をお届けする。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]
写真 今回のイベントでは、iTeachersの全メンバー9人が一堂に会した《クリックで拡大》

 教育機関のIT活用にベストプラクティスはなく、多くの教育関係者はITをどう生かすかに知恵を絞る。新たなIT製品・技術は相次いで登場する。教育現場を取り巻く状況の変化を前に、そうしたIT製品や技術をどう活用するかなど、教育機関の悩みは絶えない。

 IT活用を積極的に進める教育者チーム「iTeachers」が2015年4月に開催した教育関係者向けイベント「iTeachersカンファレンス 2015」では、iTeachersのメンバーによるトークセッションを開催。会場から提示された教育ITに関する課題や疑問について、メンバーが本音で議論した。本稿では、その内容を紹介する。

登壇者

パネリスト

  • 大阪大学 岩居弘樹 教授
  • 新潟大学教育学部附属新潟小学校 片山敏郎 教諭
  • 広尾学園中学校・高等学校 金子 暁 教諭
  • デジタルハリウッド/デジタルハリウッド大学 栗谷幸助 准教授
  • 玉川大学 小酒井 正和 准教授
  • 神戸大学 杉本真樹 医師・医学博士
  • 千葉県立袖ヶ浦高等学校 永野 直 教諭
  • 佐賀市立大和中学校 中村純一 教諭

モデレーター

  • 俊英館/教育ICTコンサルタント 小池幸司氏

コンピュータ室はなくなるのか?

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...