私物iPadで「反転授業」を体験、女子高校生が感じた利点と課題は?山梨英和中学校・高等学校の生徒が利点と課題を紹介

山梨英和中学校・高等学校では、生徒の私物iPadを利用した「反転授業」に挑んでいる。同校の生徒は反転授業の効果や課題についてどう考えているのか。生徒自ら明かす。

2015年04月07日 12時00分 公開
[鳥越武史TechTargetジャパン]
イベントで登壇した山梨英和中学・高校の生徒。iPadを使ったプレゼンテーションで、同校の多様な取り組みを披露した

 2012年度から米Appleのタブレット「iPad」を活用してきた山梨英和中学校・高等学校(山梨県甲府市)。同校のiPad導入の経緯は、2013年12月に「『物理キーボードなんていらない』――私物iPadを使いこなす女子中学生」でも紹介した。現在は中学課程の2、3年生、高校課程の1年生が個人所有のiPadを利用し、授業をはじめとする学校生活全般に生かしている。

 そんな山梨英和中学・高校の生徒が2015年3月、東京・銀座にあるアップルストア銀座で開催したイベントに登壇。生徒自ら、iPadを中心とした同校のIT活用について紹介した。当日は中学課程の2年生3人、3年生4人、高校課程の1年生5人が参加。Appleのプレゼンテーションツール「Keynote」を使い、夏休みの自由研究から海外姉妹校との交流まで、多岐にわたるIT活用事例を披露した。

 中でも参加者の注目を集めたのは、授業と家庭学習の役割を一部逆転させる「反転授業」の取り組みだ。山梨英和中学・高校では、既に一部の授業で反転授業を取り入れており、その具体的なメリットや課題が見えてきたという。本稿では生徒による講演内容を基に、同校の反転授業の取り組みを紹介する。

「iTunes U」「Apple TV」を駆使して反転授業を実現

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。