2014年05月12日 08時00分 公開
特集/連載

「iPadしか使わない学校」は時代遅れに――デジタルハリウッド大学 栗谷幸助 准教授iTeachersに聞く、IT活用「3つの秘訣」【第4回】

多くのクリエイターを輩出し続けるデジタルハリウッド大学。そこでiPadをはじめとするIT製品活用を推進する1人が、栗谷幸助准教授だ。同氏が自らの経験を基に、IT製品活用のコツを語る。

[神谷加代]

 デジタルハリウッド大学(東京都千代田区)は、2005年に株式会社立大学として誕生した文科省認可の大学だ。Webやコンピュータグラフィックス(CG)などのデジタルコンテンツ関連業界で活躍するクリエイターを数多く世に送り出している。

 同大学でWebデザインの講義を受け持つ栗谷幸助准教授は、大学だけでなく、同大学が併設する専門スクール「デジタルハリウッド」においても講師歴を持つ。デジタルハリウッドの通信教育である「オンラインスクール」では映像教材の制作にも携わり、自らも出演。この映像教材は分かりやすさが好評を博し、デジタルハリウッドの人気教材となっているという。

 栗谷准教授は、大学、専門スクール、オンラインスクールと3つの異なる校種で指導経験を持つ。校種によって異なる学習者の多様なニーズに応えるべく、新しい指導方法や学習スタイルの導入・実践にも積極的だ。米Appleの「iPad」を発売直後の2010年に学習者へ配布し、iPadを使ったクラスとそうでないクラスの理解度における比較・検証も実施。現在は、レクチャー型授業と映像教材を組み合わせた「ハイブリッド型授業」と名付けた授業を実践し、映像教材のさらなる可能性を探っている。

 他の教育機関とは違い、クリエイター志望という目的を持った学習者が集まるデジタルハリウッドには、時代の変化や動きに敏感で多様な価値観を持つ人材が多い。そんな学習者のニーズやライフスタイルに向き合いながら、共に変化を遂げてきた栗谷准教授に、IT製品を生かす秘訣を聞く。

秘訣1:教育の枠にとらわれず、IT本来のメリットを知る

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...